トップページ > Mac > macOS 10.14.4のメールアプリでGmailログイン時に発生する不具合
2019年3月29日 09時10分

読了まで 158

macOS 10.14.4のメールアプリでGmailログイン時に発生する不具合

macOS Gmail
 
iOS、macOSに関わらずアップデートには予想できない不具合がつきものです。今回新しくリリースされたmacOS 10.14.4は、メールアプリでGmailを利用する際にエラーが出る、とのコメントがApple公式サイトのApple Support Communitiesで多数寄せられています。

ログイン時に無限ループに陥る不具合

macOS 10.14.4はダークモードApple News+などの機能を備えたバージョンですが、macOSのメールアプリからGmailにログインする際にエラーが出る可能性があるとのことです。

 

このエラーは、正しいアカウント名とパスワードを入力した後、「GoogleがSafariでのアカウント認証を要求しています。」とのダイアログボックスが現れ、さらに正しく入力しても、際限なく同じダイアログボックスが表示されるというものです。

解決策はあるのか?

現在のところ、エラーの修正は行われておらず、次のmacOSのアップデートを待つしかないようです。該当するエラーが現れたユーザーの中には、アカウントの再作成、パスワードの変更、2ファクタ認証をオフにしてみるなど解決を試みた人がいますが、成功していません。

 

いつもGmailをChromeなどのブラウザから利用するというユーザーにとっては大きな問題ではないかもしれませんが、macOSのメールアプリを通してGmailを利用しているというユーザーは、もう少し待ってmacOSのアップデートをするのが良いかもしれません。

 

macOS Gmail

Apple Support Communities

 
 

Source:9to5Mac
Photo:9to5Mac,Apple
(david)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる