トップページ > 最新情報 > Apple、ソーシャルメディアでのSiriに対する苦情モニタリング担当者を募集
2019年3月5日 03時38分

読了まで 150

Apple、ソーシャルメディアでのSiriに対する苦情モニタリング担当者を募集

Apple Siri
 
Appleが、Twitterなどのソーシャルメディアに投稿されたSiriへの意見や苦情をチェックし、役員に報告する人材を募集しています。

Siriに関する意見や苦情をモニタリング

現地時間3月1日付けで掲載された求人内容によれば、同社は「ソーシャルメディア、ニュース、その他のソースにおいて、世間がSiriについてどのように語っているかをモニターする」、エンジニアリング・プログラム・マネージャーを求めているようです。
 
またこの職務につく人物は、Siriに関する発言をもとにSiriのユーザー体験を向上させるアイディアを提案し、苦情があればそれを解消するためにマーケティング・チームと協力、サポート文書の更新にも関与します。
 
さらにSiriソフトウェア・エンジニアと協力し、Siriに関連するキャンペーンやプレスイベント、製品発表、製品立ち上げにも関わると募集内容に記されています。

変更されたSiri事業戦略

求人を最初に発見した米メディアVentureBeatは、1月に起きたFaceTimeグループ通話設定のバグ問題のように、SNSで拡散され騒動になる前に、速やかに問題に対応するためではないかと指摘しています。
 
AppleのSiri開発については、昨年末にAI(Siriを含む)戦略を担当するジョン・ジャナンドレア氏が上級副社長へと昇進、並行して事業戦略が変更され、これまでSiri開発チームを率いてきたビル・ステイシャー氏がチームリーダーから退いたことが伝えられています。

 
 
Source:Apple via MacRumors,VentureBeat
(lunatic)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる