トップページ > 最新情報 > スティーブ・ジョブズ氏、存命なら64歳の誕生日
2019年2月25日 01時15分

読了まで 224

スティーブ・ジョブズ氏、存命なら64歳の誕生日

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

スティーブ・ジョブズ氏とiPhone MacRumors
 
2月24日(日本では時差のため2月25日)は、Appleの共同創業者、スティーブ・ジョブズ氏の誕生日でした。2011年に56歳の若さで亡くなったジョブズ氏が存命なら、64歳となっていました。

業界の常識を覆し続けたジョブズ氏

1955年2月24日生まれのスティーブ・ジョブズ氏は、1976年にスティーブ・ウォズニアック氏とともにAppleを創業し、コンピュータが業務用途が中心だった時代に、個人向けコンピュータを送り出して注目を集めました。
 
しかし、Apple幹部らと意見が合わなかったジョブズ氏は、自らが創業したAppleを去ることとなります。
 
一時は倒産の危機とまで言われたAppleに復帰したジョブズ氏は、1998年のiMac、2001年のiPod、そして2007年のiPhoneと、業界の常識を覆す製品を投入し、Appleも成長を続けました。
 
ジョブズ氏は、2011年10月5日、すい臓がんのために56歳の若さで世を去ります。

ティム・クックCEOがメッセージ

ジョブズ氏からの信頼が厚く、後任としてAppleの舵取りを託されたティム・クック最高経営責任者(CEO)はTwitterで、本社Apple Parkの中庭にある池の動画とともに、以下のメッセージを寄せています。
 

スティーブのビジョンは、Apple Parkで私たちに引き継がれています。Appleの未来のイノベーションの本拠地そしてインスピレーションとして、彼が夢見たこの場所を、彼は愛したことでしょう。私たちは、彼の64歳の誕生日、そして毎日、彼のことをを想います。

 


 

Stay hungry, stay foolish

ジョブズ氏は2005年、名門スタンフォード大学の卒業式のスピーチで、「Stay hungry, stay foolish(ハングリーであれ、愚かであれ)」という非常に有名な言葉を残しました。
 
今年は、クック氏がスタンフォード大学の卒業式でスピーチを行います
 

 
 
Source:MacRumors
(hato)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる