トップページ > 最新情報 > 2020年のiPhoneのチップは5nmプロセスでの生産となるか
2019年2月23日 17時50分

読了まで 146

2020年のiPhoneのチップは5nmプロセスでの生産となるか


 
来年のiPhoneのシステム・オン・チップは5nm(ナノメートル)プロセスルールでの生産になる、と台湾メディアDigiTimesが伝えています。

5nmプロセスのチップもTSMCが生産担うか

2月半ばに2019年のiPhoneのシステム・オン・チップA13は7nmプロセスでの生産となり、供給はこれまで通り台湾TSMCが担うと報じられましたが、今回の新たな報道で2020年のiPhoneチップは5nmプロセスルール生産となり、同じくTSMCがサプライヤーとなる見込みであることがわかりました。
 
一般的に、チップのプロセスルールが小さいほど動作周波数の向上、省電力化のメリットが大きくなるといわれていますが、「ムーアの法則」もはや有効ではないとの意見もあります。
 
しかしながらプロセスルールの微細化に関してポジティブな見方もあり、5nmプロセスのチップを搭載した2020年のiPhoneはバッテリーが数日持つようになると主張する人もいます。

EUVの採用でより複雑なデザインのチップの生産が可能に

TSMCは昨年のAppleとの取引で、7nmプロセスで生産されたチップを大量出荷した最初の企業となったことでも知られています。
 
今年のA13は2018年と同じ7nmプロセスルールですが、生産に極端紫外線リソグラフィ(EUV)が採用されるといわれており、より複雑なチップのデザインが可能になるとされています。
 
 
Source:DigiTimes via 9to5Mac
(lexi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる