2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    最新のiOS12.1.4でもグループFaceTimeにバグが残っていることが判明

    グループFaceTime バグ MacRumors

    グループFaceTime バグ MacRumors
     
    先日、着信に応じる前の音声や映像が発信者に見聞きされてしまうバグが修正されたグループFaceTimeに、2名での通話に3人目を追加できないバグが残っていることが分かりました。近日中にアップデートが公開されると見込まれます。

    グループFaceTimeに残るバグ

    先日、iPhoneやMacで利用できるグループFaceTimeに、呼び出しに応じる前に着信者側の音声や映像が、発信者が見聞きできてしまうバグが発見されました。
     
    その後リリースされたiOS12.1.4などのアップデートで、バグは修正されていますが、グループFaceTimeには、最新のiOS12.1.4でも、1対1のFaceTime通話時に、ユーザーを追加するためのボタンが押せない状態になるバグが残っていることが分かりました。

    3人目を通話に追加できない

    MacRumorsの読者が、Apple Supportの公式Twitterアカウントにこの問題を指摘したところ、「3人以上でのグループFaceTime通話をするには、ほかの2名以上による通話から開始する必要がある」と回答されたそうです。
     
    MacRumorsは、「この複雑な対処方法は多くのユーザーを混乱させる」と指摘しています。
     


     
    Apple Supportがこの問題を認識していることから、バグが修正されたアップデートが近いうちに公開されると考えられます。
     
    現在、AppleはiOS12.2のベータ2を開発者と登録ユーザー向けに公開していますが、このバグがiOS12.2で修正されるのか、その前のバージョンでの対応となるのかは不明です。
     
     
    Source:MacRumors
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次