トップページ > 最新情報 > 次期iPhoneはやはりトリプルカメラ搭載か〜レンズサプライヤーが生産能力拡大
2019年2月13日 07時53分

読了まで 148

次期iPhoneはやはりトリプルカメラ搭載か〜レンズサプライヤーが生産能力拡大

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPhone XI コンセプト Concept Creator
 
AppleのiPhone向けにカメラレンズを供給する台湾Largan Precisionが、2018年第4四半期(10−12月)の業績不振にも関わらず、次期iPhoneにはトリプルカメラが搭載されることを見込んで、生産能力を拡大していると台湾メディアDigiTimesが伝えています。

業績不振でもレンズ生産能力を拡大

Larganの2018年第4四半期売上高は、iPhoneの売上台数減少が響き、前年同期比で33.9%減、また営業利益も20%以上減少しました。
 
しかし同社はiPhoneを含むスマートフォンの旗艦モデルに3枚以上のレンズモジュールが採用されると確信しており、生産能力を拡大しているとのことです。
 
Larganのリン・インピン最高経営責任者(CEO) は昨年6月にも、トリプルカメラ用のレンズモジュールを開発中で、2019年には量産を開始する計画だと述べています。

今年発売iPhoneの1台はトリプルカメラ搭載か

2019年秋に発表される次期iPhoneのうち少なくとも1台は、トリプルカメラを搭載するとの予想は以前からあり、昨年12月、そして今年1月にも、トリプルカメラ搭載iPhoneのコンセプト画像が公開されています。
 

Larganは、Huawei、Oppo、Vivoなどの中国系スマートフォンメーカーや、Samsung向けにもレンズモジュールを供給しています。

 
 
Source:DigiTimes via MacRumors
Photo:Concept Creator/YouTube
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報, iPhone, iPhone XI  タグ : , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる