2018年11月20日 08時10分

読了まで 22

Apple、iPhone XS/XRを減産か〜予想を下回る需要が原因

Apple iPhone iPhone XS iPhone XS Max iPhone iPhone XR


 
今秋発売した/XS Max/XRの売上が予想を下回っているため、が3モデルすべての減産に踏み切ったようだと、The Wall Street Journalが報じています。

iPhone XRをさらに減産か?

なかでも特に見通しが厳しいのが、あとから発売された XRです。WSJが状況に詳しい関係者から得た情報によれば、Appleは当初は約7,000万台を計画していたの生産台数を、10月末に最大で約3分の1(およそ2,330万台)削減するよう、サプライヤーに指示したとのことです。
 
ところが先週になってAppleは複数のサプライヤーに、iPhone XRのさらなる減産計画を話したようだと関係者はWSJに語っています。
 
iPhone XRの減産については、Rosenblatt証券のアナリスト、ジュン・チャン氏も、この四半期さらに400万〜500万台減産するようだとの予測を明らかにしています。

「同じような論調は昨年もあった」

WSJの報道について米メディアMacRumorsは、「同じような論調は昨年もあった」とし、が「失敗」「失望させる売れ行き」とする報道が相次いだにも関わらず、iPhone Xは飛ぶように売れなかったのは事実であるものの、結果的に世界市場では好調な売れ行きを記録しました。
 
とはいえ、AppleがiPhone需要を予測しにくくなっている可能性はあります。今回のWSJの記事には、Appleが昨年のiPhone Xの当初の売上をあまりにも楽観視しすぎていたために、2018年1月-3月に約2,000万台の減産を余儀なくされ、多くのサプライヤーが打撃を受けたとも記されています。
 
Appleは今後、四半期ごとのiPhoneの売上台数を公表しないと発表しており、今後はiPhoneの需要に関する予想がさらに難しくなりそうです。
 
 
Source:The Wall Street Journal via MacRumors
(lunatic)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる