トップページ > AirPods > iPhoneとAirPodsで、周囲の音が聞き取りやすくなる「ライブリスニング」
2018年11月12日 19時35分

読了まで 237

iPhoneとAirPodsで、周囲の音が聞き取りやすくなる「ライブリスニング」

AirPods イヤホン
 
AppleのワイヤレスイヤホンAirPodsを使うと、騒々しい場所などで話し相手の声を聞き取りやすくする「ライブリスニング」機能が利用できます。iPhoneとAirPodsさえあれば、簡単に利用できる設定方法をご紹介します。

AirPodsで周囲の音を聴き取りやすくする「ライブリスニング」

iOS12で、iPhoneのマイクで拾った音をAirPodsを通じて聴くことができるライブリスニング」機能が利用できるようになりました
 
この機能は、補聴器の代わりになるものではありませんが、耳が少し聞こえにくい方のサポートのほか、レストランの中などの騒々しい場所で相手の声が聞き取りにくい時に便利です。
 
AirPodsの隠れた便利機能、「ライブリスニング」を簡単に使う方法をご紹介します。

「ライブリスニング」の設定は簡単

すでにAirPodsをお使いなら、音楽などの再生用に加えて、ライブヒアリング用にも使いたい、という方が多いと思います。
 
以下の設定をしておけば、簡単にライブ再生機能を呼び出すことができます。
 
「設定」アプリから「コントロールセンター」メニューの「コントロールセンターをカスタマイズ」を開きます。
 
AirPods 「ライブリスニング」
 
「聴覚サポート」の耳のアイコン横にある「+」マークをタップすると、コントロールセンターに「聴覚サポート」が追加されます。
 
これで、コントロールセンターに耳のアイコンが追加されています。
 
AirPods 「ライブリスニング」
 

iPhoneと接続されたAirPodsを装着して、コントロールセンターから耳のアイコンを開くと、ライブリスニングの状態が表示されます
 
ライブリスニングのメニューは「オフ」の表示状態で開きます。
 
「オフ」をタップすると、「オン」に切り替えができ、周囲の音量レベルに応じてマークが5段階に変化します。
 
AirPods 「ライブリスニング」
 
また、ライブリスニングの使用中は、ホーム画面の左上に、ロック中はマイクのアイコン、ロック解除中は時計が赤く表示されます。
 
ここをタップすると、コントールセンターを開かなくてもライブリスニングをオフにできます
 
AirPods 「ライブリスニング」
 
また、iPhoneのボリュームボタンで、AirPodsから聞こえる音量を調整することができます。

音楽再生中の切り替えやバッテリー消費に注意!

なお、音楽を再生中の状態でライブリスニングを「オン」に切り替えると、AirPodsから音楽が大音量で流れるのでご注意ください。
 
ライブリスニングをオンにする前に、音楽などは必ず一時停止しましょう
 
ライブリスニング中は、小さな物音が増幅されて聞こえますので、iPhoneを落としたりしないように注意してください。
 
また、ライブリスニング機能を使うと、AirPodsのバッテリーが通常よりも早く消費される傾向があるようなので、使用時はAirPodsのバッテリー残量にご注意ください。
 
「ライブリスニング」の使用イメージは、以下の動画でも紹介されています。
 

 
 
Source:AppleInsider
(hato)

カテゴリ : AirPods, 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる