2018年10月31日 18時20分

読了まで 154

NTTドコモ、2019年度中の料金2〜4割値下げを正式発表!

NTTドコモ 2018年度 第2四半期決算説明会 資料


 
NTTドコモは、2019年度に現在よりも2割〜4割安いを提供することを正式に発表しました。

2019年度中に2割〜4割値下げ!

NTTドコモが2019年度中に携帯電話料金を引き下げるとの報道が話題となっていますが、正式な見通しが発表されました。
 
NTTドコモ 2018年度 第2四半期決算説明会 資料
 

NTTドコモの吉沢和弘社長は、10月31日に開催した決算発表会で、2019年度中に現在よりも2割〜4割程度安いプランの提供を開始する予定であることを発表しました。

 
新料金プランは、端末代金のをしない代わりに通信料金を安くする分離プランの「docomo with」を軸に検討が進められており、2019年4月〜6月頃に詳細が発表される予定です。
 
値下げの規模は、総額で最大4,000億円規模が見込まれており、同社としては減益要因になるとの見通しも明かしています。

政府からの圧力は否定

携帯電話料金の値下げについては、8月に菅義偉官房長官が「日本の携帯料金は高すぎる。4割下げる余地がある」や「携帯キャリアは儲けすぎだ」と発言して注目を集めました。
 
菅官房長官は、携帯料金が下がる時期は「2019年の10月頃」と語り、「第4のキャリア」として楽天が参入する頃になるとの見通しを示していました。
 

NTTドコモ 吉沢和弘社長

NTTドコモの吉沢和弘社長


 
吉沢社長は、値下げは政府の圧力ではないかとの質問に対して「お客様の声に応えるための自主的な取り組み」と強調しています。

 
 
Source:NTTドコモ, 日本経済新聞
(hato)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる