トップページ > 最新情報 > Facebook、「Portal/Portal+」でスマートスピーカー市場に参入
2018年10月9日 09時35分

読了まで 222

Facebook、「Portal/Portal+」でスマートスピーカー市場に参入

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Portal_from_Facebook
 
FacebookがスマートスピーカーPortal」および「Portal+」を発表しました。どちらもタッチスクリーンを搭載しており、外観はスピーカーというよりもタブレットPCのようです。

ユーザーデータ不正流用問題で発売を延期

Facebookは以前より、大型ディスプレイを搭載したスマートスピーカー2機種を発売すると噂されていましたが、その後大規模なユーザーデータ不正流用問題が発覚したのを受けて、発売を当初予定していた5月から7月、さらには10月へと延期したと報じられました。

レンズカバーで物理的にカメラ機能をオフに

Facebookが今回発表したPortalPortal+は、どちらもAmazonの音声認識AI、Alexaを搭載。10.1インチのディスプレイを搭載したPortalが199ドル(約22,500円)、15.6インチディスプレイ搭載のPortal+が349ドル(約39,000円)で、色はどちらも黒と白の2色展開です。
 
Facebookによれば、Portal/Portal+の「スマートカメラ」機能は人の動きを追跡し、ズームイン・ズームアウトしながら、ユーザーを確実に捉え続けます。また「スマートサウンド」によって背後のノイズを消します。
 
プライバシー保護のため、カメラとマイクはタップするだけで簡単にオフにできるだけでなく、レンズに付属のカバーをかけて物理的にカメラ機能を切ることが可能です。またスマートカメラが用いるAI技術はFacebookのサーバではなく、Portal/Portal+本体で動作しており、搭載するカメラは顔認識機能は持っていないとしています。
 
さらに「ヘイPortal」と声がけをしない限り音声コマンドがサーバに送られることはなく、ユーザーはFacebookアクティビティログから音声コマンドの履歴を削除することができます。
 

Messenger経由でビデオ通話

ビデオ通話はFacebookのMessenger経由で行う仕組みです。またFacebookは、Portal/Portal+でのビデオ通話の内容を、Facebookが視聴・保存することはないと強調しています。
 
Facebookがここまで「プライバシー重視」を声高に主張しているのは、ユーザーデータ不正流用問題などにより、同社に対する信頼性が低下しているためと思われます。
 
Facebookはサイトにおいてすでに予約受付を開始しており、発売は11月9日となっています。なおエントリーモデルのPortalについては、2台まとめて購入すると100ドル引きになるキャンペーンも行っています。
 
 
Source:Facebook via 9to5Mac
(lunatic)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる