トップページ > iPad mini > iPad miniはこのまま消えてしまうのか
2018年8月30日 08時24分

読了まで 25

iPad miniはこのまま消えてしまうのか

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPad mini 4 Apple
 
新型iPhoneや新型iPad Proの発表が迫る中、iPad miniのアップデートは発表されないと噂されています。日本人の手になじむサイズが人気の7.9インチのiPad miniは、このまま消えてしまうのでしょうか。

今年も放置されると噂のiPad mini 4

9月12日開催と予測されている新型iPhoneの発表イベントでは、新型iPad Proなどの新製品の同時発表が噂されています。
 
iPad mini 4 Apple
 
しかし、2015年に発売されて以降アップデートのないiPad miniシリーズは、今年もアップデートされないと予測されています。

9.7インチiPadとの逆転現象も

2012年に発売されたiPad miniは、2013年、2014年、2015年と3年連続でアップデートされましたが、その後はiPad mini 4のまま放置され、約3年が経過しています。
 
iPad mini 4 Apple
 
さらに、2018年3月に発売された、A10 Fusionチップ搭載でApple Pencil対応のiPad(第6世代)は32GBモデルなら37,800円から購入でき、A8チップ搭載のiPad mini 4(128GBのみ、45,800円)よりも安く購入できるという逆転現象が起きています。
 
なお2017年5月には、AppleがiPad miniの生産を終了するようだとも報じられました。

減少続くiPadの販売台数

iPadシリーズ全体の年間販売台数は、2013年の約7,100万台をピークに減少を続けています。
 
iPadシリーズ販売数 AppleInsider
 
iPad miniの発売当時と比べると、iPadシリーズのサイズも価格も変化したことを考えると、AppleがiPad miniから手を引くのも納得がいく、と米メディアAppleInsiderはコメントしています。
 
なお、9月の公開が見込まれるiOS12は、iPad mini 2以降のモデルをサポートしていることから、iPad mini 4はあと2年はiOSのサポートが受けられると予測できます。

 
 
Source:AppleInsider
(hato)

カテゴリ : iPad mini, 最新情報  タグ : , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる