2018年7月27日 14時23分

読了まで 154

Appleの2018年第3四半期のiPhone出荷台数は4,160万台との予測

iphone x


 
の2018年第3四半期(4-6月)のの出荷台数は、ウォール街予想の4,200万台に近い4,160万台になったようだと、ベンチャーキャピタルLoup Venturesのアナリストが発表しました。

ソフトウェア並みの安定感を誇るiPhone

「(iPhoneは)ハードウェアというよりも、ソフトウェアのような業績を見せており、安定したビジネスになっている」と、Loup Venturesのアナリスト、ジーン・ムンスター氏はiPhoneのパフォーマンスについてコメントしています。
 
数億台ともいわれるインストールベースと、定期的な買い替えサイクル、90%を超える顧客定着率により、iPhoneの成長は数年先まで見通すことができるといわれています。

順調なサービス事業

Appleのサービス事業は、2018年第3四半期に19%の成長を見せると予測されており、ウォール街予想よりも1%高くなる見込みです。
 
Appleはこれまでハードウェアに大きく依存してきましたが、今ではApple Music、iCloud、App Storeなどから多くの利益を上げています。
 
Appleの投資利益は250億ドル(約2兆7,700億円)になると予測されています。ムンスター氏によれば、2019年もAppleにとって順調な年となり、iPhoneの出荷台数は3%伸びるとのことです。
 
Appleは、オリジナル動画コンテンツ拡張現実(AR)ウェアラブル自動運転車プロジェクトなどにも取りかかっており、今後数年間株価の上昇が続くと予測されます。
 
Appleの2018年第3四半期のは7月31日に行われる予定です。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる