Apple、iOS12のパブリックベータ3を公開

マップ

マップ
 
Appleは現地時間7月18日、一般登録テスター向けに、iOS12のパブリックベータ3を公開しました。パブリックベータ2から2週間でのリリースとなります。

ベータ版はサブデバイスで利用

パブリックベータ3は、昨日開発者向けに公開されたiOS12ベータ4と同じ内容になっています。「Apple Beta Software Program」に登録すれば、パブリックベータ版を試すことができます。
 
ただしこれはあくまで正規版ではなく、開発途中のベータ版であるため、バグなどによりデバイスに問題が発生する可能性があります。Appleはメインで使うデバイスではなく、サブのデバイスにインストールするよう、推奨しています。

刷新された新マップが北カリフォルニア全体をカバー

iOS12ではさまざまな機能が追加されています。今回のパブリックベータ3(開発者向けベータ4)での変更点と問題点については、開発者向けiOS12ベータ4の記事で紹介していますのでご参照ください。
 
また米メディアMacRumorsによれば、建物や歩道など、より細かい要素が追加され、交通状況などがリアルタイムで確認可能になった新しいAppleマップが、開発者向けベータ3(パブリックベータ2)では米カリフォルニア州サンフランシスコ湾周辺でのみ利用可能だったのが、今回のパブリックベータ3(開発者向けベータ4)では北カリフォルニア全体まで拡張されたとのことです。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

目次