トップページ > 最新情報 > 2018年秋発売、3モデルのiPhone用フロントパネル画像が流出か

読了まで 238

2018年秋発売、3モデルのiPhone用フロントパネル画像が流出か

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

2018 iPhone フロントパネル Ben Geskin twitter
 
2018年秋に発売される3モデルのiPhoneフロントパネルとされる画像を、リーク情報で有名な人物が公開しました。6.1インチ液晶モデルは、ややベゼルが厚くなっているのが確認できます。

今秋発売のiPhone、3モデルのフロントパネル写真

今秋発売されるiPhoneは、5.8インチ有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したiPhone Xの後継モデル、6.5インチの大型OLED搭載の「iPhone X Plus」、そして「iPhone9」と噂される6.1インチの液晶ディスプレイモデルの3モデルになると予測されています。
 
数多くのリーク情報を提供してきたベンジャミン・ジェスキン(@VenyaGeskin1)氏が、3モデルのiPhone用のフロントパネルとしてTwitterで公開した画像には、左から5.8インチ、6.1インチ、6.5インチと書き込まれています。

 


 
3モデルとも、iPhone Xと同様にホームボタンを廃止して顔認証のFace IDに対応することを示す、フルディスプレイデザインとなっています。
 
ガラスの透明部分と、黒いベゼル部分の幅を見比べると、5.8インチと6.5インチは同程度の幅ですが、6.1インチモデルはベゼルがやや厚いことがわかります。

画面を表示したイメージだとベゼル幅の違いが目立つ

ジェスキン氏は、フロントパネルの透明部分に壁紙を表示したイメージ画像も公開しています。
 
2018 iPhone フロントパネル Ben Geskin twitter
こうして見比べると、6.1インチモデルのベゼルの厚みが強調されて見えます。
 
画面表示にバックライトが必要な液晶ディスプレイの構造上、OLEDよりもベゼルの幅が必要になるためと考えられます。
 

低価格で販売の主流になると見込まれる「iPhone9」

6.1インチ液晶モデルは、OLEDモデルと比較して200ドル(約2.2万円)程度低価格で発売されると予測されています。
 
販売価格を引き下げるために、フレームにはiPhone Xと同じステンレススチールではなく、iPhone8/8 Plusと同じアルミニウムを採用するほか、背面のカメラはシングルカメラになる、と噂されています。
 
また、「iPhone9」が出荷台数の半分以上を占めるほか、新色として「ゴールド」「ブルー」「レッド」「オレンジ」の4色が用意される、との予測を、Apple関連の正確な情報を持つことで知られるアナリストのミンチー・クオ氏が発表しています。
 
iPhone Maniaでは、このほかにも「iPhone9」に関する噂や予測をまとめていますので、ぜひご覧ください。

 
 
Source:Twitter/Ben Geskin
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる