トップページ > 最新情報 > 6.1インチ液晶搭載iPhoneの総出荷台数は1億台〜KGI予測

読了まで 28

6.1インチ液晶搭載iPhoneの総出荷台数は1億台〜KGI予測

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

KGI
 
2018年秋発売が見込まれる3モデルのiPhoneのうち、6.1インチ液晶を搭載するiPhoneの総出荷台数について、著名アナリストが「約1億台」と予測しています。

6.1インチ液晶搭載iPhoneの出荷台数は全体の半分に

Appleは今年後半、現行のiPhone Xの後継となる5.8インチ有機EL(OLED)搭載モデル、6.5インチOLED搭載モデル、そして6.1インチ液晶搭載モデルの3種を発売するといわれています。
 
このうちFace ID、フルスクリーンデザインを採用しつつも、リアカメラは1個、3D Touch非搭載、ボディはアルミニウム製、OLEDではなく液晶を搭載することで、ほかの2モデルよりも低価格となる6.1インチ型iPhoneについて、KGI証券のアナリストであるミンチー・クオ氏は以前から「2018年発売のiPhoneの総出荷台数の半数を占める」と予想していました。

2018年発売iPhoneの総出荷台数は2億台

現地時間2月14日に投資家向けに配布したメモにおいてクオ氏は、
 

新しい製品ライフサイクル(2018年第4四半期〜2019年第3四半期)における、2018年後半発売見込みの6.1インチ液晶iPhoneの出荷台数は、約1億台に達すると予測している。

 
と述べています。前述したようにクオ氏は6.1インチモデルが総出荷台数の半数を占めると予想しているため、これを基準に考えると、2018年発売iPhoneのライフサイクルにおける総出荷台数は約2億台ということになります。

6.1インチ液晶搭載iPhoneの価格は700〜800ドル

ただし出荷台数は販売価格によって左右されます。クオ氏はアメリカでの販売価格を700〜800ドル(約7.5万〜8.6万円)と想定していますが、699ドルであれば出荷台数は1億500万〜1億1,150万台、799ドルなら9,500万〜1億500万台というのが同氏の見通しです。
 
またクオ氏は6.1インチ型iPhoneの価格について「Appleが新しい6.1インチ液晶モデルを、iPhone8もしくはiPhone8 Plusの後継モデルとして位置づけるかどうか」によっても変わる、と見ています。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる