トップページ > 最新情報 > 任天堂「スーパーマリオラン」、売上の約8割はiOSからだった

読了まで 151

任天堂「スーパーマリオラン」、売上の約8割はiOSからだった

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

スーパーマリオラン
 
任天堂の人気ゲームアプリ「スーパーマリオラン」の売上は、全世界で6,000万ドルを超えた模様です。

売上は全世界で約67億円

調査会社Sensor Towerは、任天堂が2016年12月に公開した「スーパーマリオラン」の売上は、累計で6,000万ドル(約66億5,900万円)を超えたと見積もっています。
 
また同社によると、売上の約77%はAppleのApp Storeによるものです。これはiOS版が2016年12月に公開されたのに対し、Android版は2017年3月と、3カ月ほど遅れて公開されたことも、影響しているかも知れません。
 
ただし2018年第1四半期(1-3月)に入ってからは、Google Playでの売上が伸び、同四半期のGoogle Playの売上比率は35%となっています(つまりApp Storeからの売上は65%)。

売上の43%はアメリカ、日本は17%

売上を国別に見ると、約43%がアメリカから、約17%が日本からのものとのことです。
 
なお今年6月の任天堂のモバイルアプリの売上ランキングは、1位「どうぶつの森 ポケットキャンプ」、2位「ファイアーエムブレムヒーローズ」、3位「スーパーマリオラン」だったと、Sensor Towerは報告しています。
 

スーパーマリオランスーパーマリオラン
カテゴリ:ゲーム
現在の価格: 無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。

 
 
Source:Sensor Tower via 9to5Mac
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる