トップページ > iPhoneの使い方 > アプリの使い方 > 利用前に一読を!iOS版「+メッセージ」のよくある質問まとめ
2018年6月23日 18時17分

読了まで 57

利用前に一読を!iOS版「+メッセージ」のよくある質問まとめ

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

+メッセージ(プラスメッセージ)
 
大手3キャリアが提供するiOS版「+メッセージ」(プラスメッセージ)を使うにあたって、最初につまずきやすいことをQ&A形式でまとめました。
 
設定が進まない時の解決方法や、利用開始後の連絡先の連携の仕組みなど、導入前に知っておきたいポイントに重点をおいて解説していきます。
 

Q&A目次

「再度お試しください」と表示されて、利用開始ができない
「設定中」画面から進まない
無料で利用できるの?
iPhoneとAndroid間でのやりとりは可能?
Android版はキャリアごとにアプリが別だけど、iOS版は?
ソフトバンクの「+メッセージ」でメールが消えるって噂は本当?
「+メッセージ」を送りたい相手が、送信相手に選べない/表示されない
LINEのように、勝手に連絡先が追加されたりすることはあるの?
メールアドレスでは「+メッセージ」は使えないの?
LINEのように無料で通話できるの?
無料で使えるスタンプはある?
 

「再度お試しください」と表示されて、利用開始ができない

A.

Wi-Fiをオフにしてから、アプリをもう1度開いてください。

このメッセージが表示される場合は、Wi-Fiをオフにする必要があります。
 
+メッセージ初期設定
 
Wi-Fiをオフにする方法は、「+メッセージ」の初期設定の解説記事に掲載していますので、手順がわからない場合が参照してください。
 

「設定中」画面から進まない

A.

ご利用の端末が、ソフトバンク、au、NTTドコモのいずれかのキャリアを利用していない場合は、「+メッセージ」を利用することはできません。

現在、「+メッセージ」は、いわゆる格安SIMでは利用することができません
 
+メッセージ初期設定
 
大手3キャリア以外の格安SIMを使っている場合、「設定中」から進まなくなります。
 
今後対応する可能性はありますが、それまでは残念ながら利用できません。
 

無料で利用できるの?

A.

基本利用料はかかりませんが、メッセージの送受信にパケット通信料が発生します。

「+メッセージ」は、無料でダウンロードできるアプリです。月額利用料などもかかりません。
 
ただしメッセージの送受信に必要なパケット通信料は発生するため、パケット通信料定額サービスへの加入が推奨されています。
 
その他に、各キャリアで提供されているウェブ使用プラン(月額300円)の加入が必要です。ウェブ使用料はキャリアによって名称は異なりますが、現在iPhoneでインターネットが利用可能であれば加入済みですので、新たな申し込みや難しい登録などは不要です。
 
+メッセージ(プラスメッセージ)
 

iPhoneとAndroid間でのやりとりは可能?

A.

可能です。ただし、どちらも「+メッセージ」を使っていることが条件になります。

 

Android版はキャリアごとにアプリが別だけど、iOS版は?

A.

iOS版の「+メッセージ」は、全キャリア共通のアプリです。

こちらでダウンロードが可能です。またはAppStoreで「ぷらすめっせーじ」か「プラスメッセージ」で検索してみてください。
 

+メッセージ(プラスメッセージ)+メッセージ(プラスメッセージ)
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 

ソフトバンクの「+メッセージ」でメールが消えるって噂は本当?

A.

iOS版で、既存のメールやショートメールが消えることはありません。

Android版の「+メッセージ」は、キャリアごとに提供アプリが異なります。
 
ソフトバンクのAndroid版「+メッセージ」は、これまで同社が提供していた「Softbankメール」というアプリを、「+メッセージ」に更新する形で提供されました。
 
この際、「Softbankメール」がアップデートで「+メッセージ」に置き換わったため、「Softbankメール」で保存されていた内容が消えてしまい、これに多くのユーザーが不満の声をあげる事態となりました。
 
これを受けて、ソフトバンクはAndroid版「+メッセージ」の提供を一時停止しています。
 
iOS版の「+メッセージ」は、ソフトバンクのAndroid版のように既存のアプリを置き換えるわけではないため、メールやショートメールが消えてしまうことはありません。
 
なお、ソフトバンクのAndroid版「+メッセージ」の提供再開については、iOS版のリリースに合わせて今後の方針が発表されています。
 

「+メッセージ」を送りたい相手が、送信相手に選べない/表示されない

A.

送りたい相手が「+メッセージ」を利用していない場合、送信相手として選択することができません。

「+メッセージ」で新しいメッセージを送信する際に、送信先を選ぶ画面で、送りたい相手が表示されないことがあります。
 
これは、「+メッセージ」でメッセージを送信できるのが、「+メッセージ」を利用している相手に限られるためです。
 
まだ利用者が少ないため、送りたい相手が「+メッセージ」を使っていない場合は、連絡先から「+メッセージに招待する」で招待する必要があります。
 
+メッセージ初期設定
 
また、Android版には「+メッセージ」を利用していない相手に「+メッセージ」内でショートメールで送信する機能がありますが、iOS版にはその機能がありません。
 
そのため、iOS版の「+メッセージ」の連絡先からショートメールの送信をすると、iOS純正の「メッセージ」アプリが起動し、そちらで送信する必要があります。
 

LINEのように、勝手に連絡先が追加されたりすることはあるの?

A.

あります。こちらからの対応は「ブロック」のみです。

そもそも「+メッセージ」は、メールやショートメールを使うための新しいサービスなので、基本的に「連絡先(アドレス帳)と連携」する必要があります。
 
こちらで連絡先に表示する相手を選んだりはできず、iPhoneの連絡先と完全に同期されます。
 
そのため、自分の電話番号を連絡先に登録している人が「+メッセージ」をはじめた場合は、相手の連絡先に自動で表示されます。
 
連絡を取りたくない相手から連絡が来た場合は、「ブロック」で対処する必要があります。
 

メールアドレスでは「+メッセージ」は使えないの?

A.

メールアドレスでは利用できません。

「+メッセージ」内の連絡先にはメールアドレスも記載されていますが、アドレスをタップするとiOS標準のメールアプリが開きます。
 
したがって、「+メッセージ」をメールアドレスで送ることはできません。
 
送信したい相手の電話番号が必須になります。
 

LINEのように無料で通話できるの?

A.

通話ボタンはありますが、「無料通話」はできません。

「+メッセージ」の通話ボタンは、iPhone標準の通話機能のショートカットボタンです。
 
そのため、通信料ではなく通話料がかかるので注意してください。
 

無料で使えるスタンプはある?

A.

約500点の無料スタンプが用意されています。

スタンプは、「マイページ」の「スタンプストア」からダウンロードが可能です。
 
+メッセージ初期設定 +メッセージ初期設定

ものは試し、まずは「+メッセージ」を使ってみよう

「+メッセージ」を使う上でつまずきやすいポイントを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
 
初期設定については手順を画像付きで紹介していますので、そちらも合わせてチェックしてみてください。
 

  • 関連記事:iOS版「+メッセージ」初期設定手順を徹底解説!
  •  
     
    (かえで)

    Twitter

    Twitter

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる