トップページ > 最新情報 > iOS版「+メッセージ」初期設定手順を徹底解説!
2018年6月22日 12時25分

読了まで 328

iOS版「+メッセージ」初期設定手順を徹底解説!

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

+メッセージ(プラスメッセージ)
 
大手3キャリアが新しいメッセージ送受信アプリとして開発された「+メッセージ」が、6月21日にリリースされました。この記事ではアプリのダウンロード、インストール方法と利用方法、初期設定について詳しく解説します。
 
「+メッセージ」のAndroid版とiOS版の違い、メッセージを送りたい相手がリストに表示されない、利用開始ができないなどのよくある質問をまとめた記事はこちらからどうぞ。
 

  • 利用前に一読を!iOS版「+メッセージ」のよくある質問まとめ
  • 「+メッセージ」をダウンロードする

    iOS版の「+メッセージ」は、Android版と違って3キャリアで1つのアプリに統一されています。
     
    ダウンロードは下記URLからストアへ直接飛ぶか、「プラスメッセージ」や「ぷらすめっせーじ」でAppStore内を検索してください。
     

    +メッセージ(プラスメッセージ)+メッセージ(プラスメッセージ)
    カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
    現在の価格: 無料

    ※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。

    「+メッセージ」を利用する手順

    「+メッセージ」を利用するためには、認証作業と簡単な初期設定が必要です。
     

    Wi-Fiをオフにする

     
    Wi-Fiに接続している場合は、Wi-Fiをオフにします。「+メッセージ」の認証作業は、モバイルデータ通信(3G/4G回線)の利用が必須です。
     
    +メッセージ初期設定
     
    上記のようなメッセージが表示された場合はWi-Fi接続になっていないか確認しましょう。
     
    Wi-Fiは「設定」の「Wi-Fi」からオフにできます。
     
    +メッセージ初期設定 +メッセージ初期設定
     

  • モバイルデータ通信が必要なのは、初期設定時のみです。設定が完了後は、Wi-Fiで利用することが可能です。
  • 認証作業をする

     

    1
    Wi-Fiを解除して、アプリを開く
    +メッセージ初期設定

  • モバイルデータ通信をしている状態(Wi-Fiをオフにした状態)でアプリを開くと認証用のコードとURLが送られてきます。
  • 通知をタップすると、直接iMessageアプリを開いてメッセージを確認できます。
  •  

    2
    認証用のリンクを開きます
    +メッセージ初期設定 +メッセージ初期設定
  • 認証コードが書かれたメッセージは、iPhone標準のメッセージアプリ(iMessage)で確認することができます
  •  

    3
    「次へ」をタップする
    +メッセージ初期設定

  • リンクを開くと、「+メッセージ」の開始画面が表示されるので、「次へ」をタップします。
  •  

    4
    利用規約に「同意する」をタップする
    +メッセージ初期設定

  • 利用規約は契約しているキャリアのものが表示されます。
  • よく確認してから「同意する」をタップしましょう。
  •  

    アクセス権限の設定

     

    1
    次へをタップ
    +メッセージ初期設定

  • 次へをタップすると、「通知」と「連絡先」へのアクセス許可を求められます。
  •  

    2
    許可をする/しないを選択する
    +メッセージ初期設定 +メッセージ初期設定
  • すべての機能を使いたいのであれば、どちらも許可しておきましょう。
  • 連絡先へのアクセスを許可しない場合、「+メッセージ」をつかってメッセージを送信することができません。
  •  

    プロフィールの設定

     

    1
    ガイドを読む
    +メッセージ初期設定

  • スワイプすることで続きを読むことができます。
  • ガイドが不要の場合は、右上のスキップを押せば飛ばすことも可能です。
  •  

    2
    プロフィールを設定する
    +メッセージ初期設定

  • 設定は任意です。
  • あとから設定画面でプロフィールの変更が可能です
  • 名前を登録しないで+メッセージを送った場合は、電話番号か相手が連絡先に登録している名前で表示されます。
  •  
    以上で設定完了です。「+メッセージ」を利用できるようになりました。
     
    +メッセージ初期設定

    設定自体は簡単、直感的に操作できる

    「+メッセージ」の各種操作は、LINEやiMessageなどの既存のメッセージアプリとほとんど同じなので、それらを使ったことがあれば直感的に操作することが可能です。
     
    無料スタンプを含めてスタンプストアのスタンプの数が多く、普及が進めばショートメールのやりとりをする新しい手段になるかもしれません。
     
    格安SIMなど、3キャリア以外を利用している場合は現状「+メッセージ」を利用することはできませんが、順次対応していくようです。
     
    機能追加など、今後の動きに期待しましょう。
     

  • 関連記事:
  • 大手3キャリアの新SMS「+メッセージ」iOS版、リリース!
    大手3キャリアの新SMSサービス「+メッセージ」提供開始【追記】
     
     
    (かえで)

    Twitter

    Twitter

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる