トップページ > 最新情報 > iOS12では、SMSで届く認証コードを自動読み取り、自動入力が可能

読了まで 155

iOS12では、SMSで届く認証コードを自動読み取り、自動入力が可能

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iOS12 Safari セキュリティコード自動入力 9to5Mac
 
iOS12では、SMSで送られてくる認証コードを覚えて入力する必要がなくなります。送信されてきたSMSの内容をiOSが自動で読み取り、自動入力する機能が利用可能になる、と米メディア9to5Macが報じています。

もうSMSの認証コードを覚えて入力しなくていい

世界開発者会議(WWDC 18)の基調講演では説明されませんでしたが、iOS12では、SMSで送られてくる認証コードを入力する2ファクタ認証を使った各種Webサイトへのログインが簡単になります。
 
Appleはこの機能について、以下のように説明しています。

SMSによるワンタイムパスコードは、自動入力候補として自動的に表示されます。もうワンタイムパスコードを覚えて入力するのに苦労する必要はありません。

SMSの内容をiOS12が自動で読み取って入力

実際に認証コードの自動入力を使ったログインの様子は、トップの画像(米大手銀行Chaseのログイン画面)をご覧ください。
 
まず、左の画像のように、ログインに必要な認証コードが記載されたSMSを受け取ります。
 
すると、中央の画像にあるようにSafariのキーボード上部に、「メッセージから」と認証コードの入力が提案されます。
 
提案された文字列をタップすると、右の画像のように入力欄に認証コードが入力されるので、簡単にログインすることができます。
 
成りすましによるログインを防ぎ、セキュリティを高めるための2ステップ認証は広く使われているだけに、各種Webサービスの利用が便利になりそうです。最近では、Yahoo! JAPANがログインにSMSによる認証を導入し、従来のパスワードを無効化する機能を提供しています。
 
 
Source:Apple, 9to5Mac
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

カテゴリ : 最新情報, iOS  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる