トップページ > 最新情報 > Apple、WWDC 18のライブ配信を発表!ChromeやFirefoxにも対応

読了まで 158

Apple、WWDC 18のライブ配信を発表!ChromeやFirefoxにも対応

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

WWDC 18 Apple
 
Appleは、現地時間6月4日から開催する世界開発者会議(WWDC 18)の基調講演をライブ配信することを発表しました。iPhoneやMac、Apple TVといったApple製品のほか、WindowsのMicrosoft Edge、その他のプラットフォームでもChromeやFirefoxでも視聴可能です。

Apple製品のほか、Edge、Chrome、Firefoxにも対応

Appleがメディア向けに招待状を発送したWWDC 18は、現地時間6月4日の午前10時(日本では6月5日の午前2時)から開始されます。
 
AppleはWWDC 18の特設ページで、例年と同様に基調講演のライブストリーミング配信を行うことを発表しています。
 
視聴可能な環境は以下のとおりです。今年は、最新バージョンのChromeやFirefoxにも対応しています。
 
WWDC 18 Apple
 

  • iPhone、iPadのSafari(iOS10以降)
  • MacのSafari(macOS Sierra 10.12以降)
  • Apple TV(第2世代以降、最新のソフトウェアかtvOSが必要)
  • Windows 10のMicrosoft Edge
  • その他のプラットフォームのChrome、Firefox(MSE、H.264、AACへの対応が必要)

iOS12などが発表される見込み

WWDCの基調講演では、iOSやmacOS、tvOS、watchOSといったソフトウェアのメジャーアップデートが発表されるのが恒例で、今年はiOS12やmacOS10.14などが発表されると見込まれています。
 
このほか、Macの新モデルや、Face ID搭載のiPad Pro、Apple製ワイヤレス充電器のAirPowerなどのハードウェア製品が発表される可能性もあります。

 
 
Source:Apple via 9to5Mac
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる