2018年2月1日 00時02分

読了まで 148

Apple、年内にiOSアプリをMac上で使用可能にする計画は変更なし

ios-app-store-mac-app-store-800x443


 
が、今年公開するiOS12については、新機能の追加よりも信頼性と安定性向上を重視すると発表しました。しかし、上で動作可能とする計画については、年内の実現を目指しているようです。

今年公開のiOS12とmacOS10.14には大きな変更なし

Apple のソフトウェア技術担当の上級副社長クレイグ・フェデリギ氏は先日、2018年に公開予定のiOS12については大幅な変更は行わず、主要な新機能の追加は2019年に先送りする方針を述べました
 
またアメリカの複数メディアは、iOSだけでなくについても、新機能追加は来年まで見送られると報じています。
 
しかし年末に報じられた、Mac上でもiPadやiPhoneのアプリを動かせるようにするという計画については変更がなく、2018年末のリリースが見込まれるmacOSおよびiOSからは、両OSで同一のアプリが動作可能となるようです。

期待されるWWDC 18での詳細発表

BloombergとAxiosは、次期iOSと次期macOSでは、信頼性と安定性向上がメインとなり、多くの新機能の追加が見送られるものの、Mac上でiOSアプリを使えるようにする計画は先送りされない、と報じています。
 
これらの報道が正しければ、Appleは例年どおりなら今年6月に開催する世界開発者会議(WWDC 18)において、iOS12とmacOS10.14を発表する際に明らかにするでしょう。
 
 
Source:MacRumors,Axios,Bloomberg
(lunatic)

カテゴリ : iOS, Mac, 最新情報   タグ : , , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる