トップページ > 最新情報 > watchOS 4.3、初のベータ版が開発者向けにリリース
2018年1月26日 12時57分

読了まで 212

watchOS 4.3、初のベータ版が開発者向けにリリース

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

apple watch ミュージック iphone asm
 
Appleは現地時間1月25日、Apple Watch向けのwatchOS 4.3ベータ1を開発者向けに公開しました。この2日前にwatchOS 4.2.2の正式版を公開したばかりです。

ミュージックライブラリの操作機能が復活

これまでに判明している、watchOS 4.3のベータ1の変更点は以下の通りです。
 
・コントロールセンターのAirPlayにスピーカーが追加
・iPhoneでのミュージックライブラリをApple Watchでも操作可能に
・新しい充電アニメーションが追加
・縦向きのナイトスタンドモードが追加

 
watchOS 4で削除されていた、Apple WatchからiPhoneのミュージックライブラリを操作する機能が、watchOS 4.3のベータ1で復活しました。プレイリストやアーティスト、アルバムなどの操作のほか、曲に対して「ラブ」「好きじゃない」のマークや、接続中のライブラリから曲を削除したり、音楽をAirPlay端末にルートしたりといったコントロールができるようになります。
 
watch os 4.3 ベータ1
 
また、通常は横向きのみ対応していたナイトスタンドモードが、縦向きにも対応しています。これは2018年に登場予定のApple製ワイヤレス充電マット「AirPower」に合わせたものとみられています。
 
watch os 4.3 ベータ1
 
9to5MacはwatchOS 4.3ベータ1の変更点を動画にまとめて公開しています。
 


 
Appleは、現地時間1月24日にmacOS High Sierra10.13.4とtvOS11.3iOS11.3の開発者向けベータ1を、23日にはmacOS High Sierra 10.13.3、watchOS 4.2.2、tvOS 11.2.5の正式版をリリースしています。
 
 
Source:9to5Mac, AppleInsider
(asm)

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる