2018年のiPhoneは新金属フレーム構成でワイヤレスデータ通信が高速化!?

    iFixit iPhone X バッテリー

    iFixit iPhone X バッテリー
     
    KGI証券のミンチー・クオ氏は、AppleiPhoneの2018年モデルはワイヤレス通信の高速化のため現モデルよりも複雑な金属フレームで構成されると予測しています。

    4つの部品からなるフレームが複雑化

    Apple製品に関する情報通として知られるKGI証券のミンチー・クオ氏は、2018年モデルのiPhoneに関しての予測を早くも開始しています。
     
    クオ氏によると、「iPhone Xのフレームは現在4つの金属部分でできているが、ワイヤレス通信高速化のため2018年モデルではより複雑なフレーム構成になる」とのことです。
     
    「iPhoneの金属フレームの複雑化に加え、2018年にOLED搭載モデルは現在の1モデル(iPhone X)から2モデルに増えるため、Appleは新しいサプライヤーが必要になる」と続けて語るクオ氏は、台湾企業のCatcher TechnologyとCasetekがすでにサプライヤーの座を勝ち取ったと推測しています。
     
    現在クオ氏は、iPhoneの2018年モデルに関してTrueDepthカメラの部品供給は安定すると予測しているものの、TrueDepthカメラのリアカメラとしての搭載は2018年には実現しないとの見解を発表しています。
     
     
    Source:MacRumors
    Photo:iFixit
    (lexi)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次