トップページ > 最新情報 > 「iPhone Xの顔認証、人種差別にならないよう開発」Appleが明かす

読了まで 258

「iPhone Xの顔認証、人種差別にならないよう開発」Appleが明かす

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Face ID

 
Appleが、iPhone Xに搭載される顔認証システムFace IDについて、人種や性別、年齢などによる認識率の差がないよう、世界中のユーザーから収集した10億点以上の画像を用いて開発された、と明かしました。

米上院議員、iPhone Xの顔認証のユーザー保護について質問

9月にAppleが顔認証システムFace IDを採用したiPhone Xを発表した後、アメリカ上院議員のアル・フランケン氏はAppleに、顔認証システムのセキュリティとプライバシーの両面におけるユーザー保護の仕組みについて質問しました。
 
iPhone X Face ID TrueDepthカメラ
 
Appleは先日、プライバシー保護の取り組みについて詳細に解説したWebページを公開するなど、ユーザー情報の保護には特に神経を使っている企業のひとつということもあり、プライバシーとセキュリティについては難なく回答しています。

有色人種の顔認識を苦手としていた過去の顔認識

Appleはさらに踏み込んで、Face IDが人種差別的にならないよう、注意を払って開発された、と明かしています。
 
ちなみに、顔認証システムにとって、人種は頭の痛い問題です。
 
過去の顔認証システムは、褐色の肌の認識を苦手とする傾向があり、2009年にHPが発売したWebカメラは、黒人の顔を登録できませんでした。2015年には、Googleフォトの画像認識アルゴリズムが、黒人の顔を「ゴリラ」と認識していたことが明らかになり、大問題となりました。

iPhone XのFace IDは10億点以上の画像を用いて開発

Appleは、フランケン上院議員への回答の中で、Face IDの開発にあたっては、幅広いユーザーから収集した10億点以上の画像を機械学習によって認識させるプロセスを踏んだ、と述べています。
 

私たちにとって、さまざまな人種・民族の誰もが、製品を気軽に利用できることは非常に重要なことです。Face IDには、10億点以上の画像を用いて当社が開発したニューラル・ネットワークによる顔マッチングを用いています。これらの画像は、参加者の了解を得て収集しており、赤外線や奥行きのある画像を含みます。
 
私たちは、世界中から、性別、年代、民族などの様々なグループが含まれるように選ばれた参加者と共に開発にあたりました。この研究開発は、多様なユーザーを高い精度で認識するために行われています。
 
また、ニューラルネットワークにより、iPhoneの顔認証は、写真や仮面による成りすましを認識して誤認識を防ぎます。

 
フランケン上院議員は、Appleの回答に満足した様子で、同社の前向きな対応を評価した上で、「Appleが、最新版のiPhoneを使うユーザーのデータをどう保護するか、今後も注目していきたい」と述べています。

2018年のiPhoneは全モデルにFace IDを搭載?

iPhone Xの Face IDについては、Android陣営の2年半先を行っている、と評価されるほど高い精度を誇ります。
 
また、Appleの最高デザイン責任者であるジョナサン・アイブ氏は顔認証のメリットを、非接触型のユーザー認識方法の採用で端末の堅牢性向上にも役立っている、と指紋認証よりも優れていると語っています。
 
2018年のiPhoneには、全モデルにFace IDが搭載され、指紋認証は廃止されるのではないか、とも予測されています。

 
 
Source:BGR
(hato)

 
 

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

カテゴリ : 最新情報, iPhone X  タグ : , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる