Apple、iPhone Xを枕元の時計として使える機能の搭載を検討していた

    iPhone X ナイトスタンドモード

    iPhone X ナイトスタンドモード

     
    Appleが、iPhone Xに枕元の時計として使える「ナイトスタンドモード」の搭載を検討していたことを、ソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長であるクレイグ・フェデリギ氏が明かしました。

    iPhone XとApple Watchの共通点はOLEDディスプレイ

    ナイトスタンドモード」はApple Watchの機能で、充電しながら横置きにすると時刻が大きく表示され、枕元のアラーム時計として使えます。
     
    ナイトスタンドモードのまま操作されないと、Apple Watchの画面はオフになり、画面をタップするなどの操作を検知すると再び画面が点灯します。
     
    なお、iPhone XはApple Watchと同様、有機EL(OLED)ディスプレイを採用しているため、「黒」の表示部分の画素をオフにでき、ナイトスタンドモードでは消費電力が抑えられるというメリットがあります。

    Apple上級副社長「確かに検討していた」

    米メディアMacRumorsの読者からの、iPhone Xにナイトスタンドモードは搭載されないのかを尋ねるメールにフェデリギ氏は、「私たちは確かにその案を検討していました」と答えました。
     
    フェデリギ氏は、「iPhoneを傾けて置けるドックで充電するユーザーには、ナイトスタンドモードは理にかなっていると思います」とも述べています。

    iOS11のアップデートで対応?

    バンドを使って横置きにできるApple Watchと違い、iPhone Xは自力では横置きにできませんが、スマートフォンアクセサリブランドのRAVPowerが販売しているワイヤレス充電スタンドなどを使えば、充電しながら横置きにすることも可能となります。
     

    RAVPower ワイヤレス充電スタンド

    RAVPowerのワイヤレス充電スタンド


     
    今後、iOS11のアップデートでiPhone Xにナイトスタンドモードが追加されるかもしれません。しかし、Appleはすでにそのアイデアを廃案にしているのではないか、とMacRumorsは指摘しています。

     
     
    Source: MacRumors
    Photo:RAVPower
    (hato)

     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次