トップページ > Mac > 新型MacBook Proの筐体のサプライヤー、前年同期比18.3%の増益!
2016年10月9日 10時53分

読了まで 143

新型MacBook Proの筐体のサプライヤー、前年同期比18.3%の増益!

MacBook Pro
 
今月下旬の発表が噂されるMacBook Proの筐体を製造するサプライヤーが、前年同期比18.3%の増益を発表しています。

新型MacBook Pro用筐体の6割を製造か

Appleが四半期決算発表の日程を変更したことから、10月27日に新型MacBook Proが発表されるのではないか、と噂されています。
 
iPhoneやMacBookの金属製筐体の製造を担当している台湾のサプライヤーであるCatcherが、前年同期比で18.3%の増益を発表しており、これはMacBook Proの発表が近いことを示していると考えられます。

 
サプライチェーン関係者によると、Catcherは、新型MacBook Proの筐体の約60%を担当しており、Pegatron Technology の子会社Casetekが30% 、Foxconnが10%の製造を担当しているとのことです。

iPhone8のボディはガラス製と明かしたCatcherのCEO

Catcherは以前よりApple製品の筐体の製造を担当する主要サプライヤーです。
 
同社の最高経営責任者(CEO)であるアレン・ホー氏は、今年5月に2017年のiPhoneはボディがガラス製になる、と明かして話題となりました。

 
 
Source:Patently Apple
Photo:Martin Hajek
(hato)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる