iPhoneの指紋認証を指を当てるだけで開く方法に戻す設定

    iOS10

    iOS10
     
    Touch IDを搭載したiPhone7以前のiPhoneでは、iOS9ではホームボタンに指を当てるだけでiPhoneをロック解除できましたが、iOS10へのアップデートとともにそれができなくなりました。

    iOS10へのアップデートで変わった!

    これまでTouch ID機能で簡単にiPhoneをロック解除していたユーザーの中には、iOS10へのアップデートでロック解除のプロセスが若干変わったことにとまどった方もいるのではないでしょうか(かくいう筆者がそうです)。
     
    今まではホームボタンに触れるだけでよかったのが、ホームボタンを押す必要が出てきたからです。「触れる」のも「押す」のも大した違いではないだろうと思うかもしれませんが、「触れる」だけでロック解除するのに慣れてしまうと、押すのが案外面倒に感じられるものです。

    「指を当てて開く」に戻す方法

    この「ホームボタンを押して開く」を、「指を当てて開く」に戻す方法をAppleInsiderが掲載しているのでご紹介します。
     

    1
    「設定」を起動し、「一般」をタップする
    iPhone Touch ID 設定

     

    2
    「アクセシビリティ」をタップする
    iPhone Touch ID 設定

     

    3
    「ホームボタン」をタップする
    iPhone Touch ID 設定

     

    4
    「指を当てて開く」をオンにする
    iPhone Touch ID 設定

  • 「指を当てて開く」をオン(緑)にします
  •  
     
    これでホームボタンを押さなくても、Touch IDでiPhoneが開くようになります。
     


    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次