2016年10月1日 02時37分

読了まで 235

ソニーネットワーク、格安SIM「nuroモバイル」提供開始 2GB 700円~

nuro モバイル


 
ソニーネットワークコミュニケーションズは、LTEデータ通信SIMサービスのラインナップを一新し、新たな格安SIMサービスブランド「nuroモバイル」の提供を10月1日より開始すると発表しました。

データ容量は1GB刻みで選べる&月1回は契約容量を変更可能

NTTドコモの通信回線網を使った「nuroモバイル」では、契約するデータ容量を2GBから10GBまで1GB刻みで自由に選べるだけでなく、毎月契約容量を変更できるのが特徴です。
 
料金は契約データ容量を1GB増やすごとに200円追加する仕組みで、2GBプランであれば700円から利用できます。オプションとして、SMS付きのみはプラス150円、SMS・通話付きはプラス700円がかかります。
 

データ容量 データ
プラン料金
SMS付き SMS・通話付き
2GB 700円 +150円 +700円
3GB 900円
4GB 1,100円
5GB 1,300円
6GB 1,500円
7GB 1,700円
8GB 1,900円
9GB 2,100円
10GB 2,300円

 
乗りかえ(MNP)にも対応しており、登録手数料は3,000円となります。またどのデータ容量プランでも、容量の繰り越しや変更ができますが、プラン変更は月1回までです。
 
なお月間の通信量を超えると、通信速度が200kbpsに制限されますが、データ容量のチャージが可能です。チャージは100MBが500円、500MBが2,100円、1GBが3,800円です。
 
端末とのセット販売も取り扱う予定で、9月28日に発表されたばかりのZenFone 3(ASUS)のほか、富士通のARROWS M03、ZTEのBlade E01がラインナップしています。スマートフォンとSIMを同時に購入すると、セキュリティサービスが無料で使えるメリットがあります。
 
nuro モバイル
 
公式サイトでは、毎月の利用料金をどれぐらいに抑えたいかをいくつかのモデルケースとして案内しており、例えば4,000円程度で利用したい人向けには、データ容量5GBプランにSMS・通話付きオプション、端末はZenFone 3をあわせて月額3,917円としています。
 
nuro モバイル
 
販売場所は、nuroモバイル公式サイトのほか、Amazonやソニーストア、家電量販店などで取り扱い予定です。

MVNO参入相次ぐ、総務省も普及拡大に向けて動き

nuroモバイルのサービス提供開始の10月1日は、LINEが運営する格安SIM「LINEモバイル」もスタートします。MVNOは新規参入が相次いでおり、消費者としては価格競争が起こることで今までより安く利用できる、また自分にあったプランを選びやすいなどのメリットがあります。
 
総務省も、大手キャリアの回線利用料金の引き下げや、SIMロックを解除できるまでの期間を短縮させるなど、格安スマホの普及拡大に向けて動き出そうとしています
 
 
Source:nuroモバイル
(asm)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる