iPhone7の大音量シャッターは日本版だけ!消音には裏技が必要

    iPhone7 密輸

    iPhone7 密輸

     
    iOS10になって、iPhoneでスクリーンショットや写真撮影時のシャッター音が大きくなりました。iPhone7では、スピーカーがステレオ化したこともあり、さらに音量が大きく感じられます。海外版のiPhone7と比較した結果、残念ながら、この仕様は日本版だけのようです。

    海外版のiPhone7と音量比較!

    iOS10へのアップデート後、スクリーンショットを消音化する方法が使えなくなっただけでなく、とくにiPhone7でシャッター音が大きくなったことに戸惑うユーザーが多くなりました。
     
    このシャッター音を海外版のiPhone7と比較した結果を、週間リスキー出張のハード松村氏が公開しています。
     
    海外版のiPhoneでは、マナーモードにするとシャッター音も同時にオフになるのですが、日本版はマナーモードにしてもシャッター音を消すことができない仕様が以前から続いています。
     
    香港版のSIMフリーiPhone7(左)と、日本版のiPhone7を並べて、デフォルト状態のシャッター音を比較した結果、同じiPhone7でも明らかに日本版の音量が大きいことが分かります。
     

    iPhone 7のシャッター音量がデカいのは日本版だけ!?(右が日本版です)

    A video posted by Engadget 日本版 Video (@egjpv) on

    一応、スクリーンショットとシャッターの消音は可能

    iPhone Maniaでもご紹介していますが、iOS10でスクリーンショット音とシャッター音を消せる方法が発見されています。iOS10のバグを利用している可能性があるので、今後利用できなくなる可能性もありますが、今のところはこの方法でしのぐことはできます。
     

     
    なお、iOS9までは有効だったスクリーンショット消音方法もご紹介しています。
     
    盗撮対策のための自主規制と言われるシャッター音問題ですが、せめてスクリーンショット音だけでも最初から消せるようになってほしいものです。
     
     
    Source:週間リスキー出張版(Engadget日本版)
    (hato)

     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次