トップページ > iPhone7s > サムスン、17年のiPhone7s向けにOLED供給へ―日本経済新聞

読了まで 20

サムスン、17年のiPhone7s向けにOLED供給へ―日本経済新聞

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iphone8 oled 有機EL サムスン
 
アップルは、iPhone7s(iPhone8)のディスプレイ供給を請け負うサプライヤーとして、サムスンを選ぶ方向で調整に入っているようです。

すべての点で有力ライバルを圧倒

日本経済新聞によると、17年のiPhone7s(iPhone8)より搭載が噂されているOLEDディスプレイは、サムスンが供給を行う方向で計画が進められているとのことです。当初アップルは、18年よりOLEDディスプレイをiPhoneに搭載する予定でしたが、パネルの製造コストがLCD(液晶パネル)並に低下、歩留まりが向上していることから、前倒し出来るかどうかサプライヤーに打診していたことがこれまでにも明らかとなっています。
 
現時点でサムスンは、量産実績、設備、そして投資余力のすべてにおいて、LGやJDI、そしてFoxconnといった有力ライバルを圧倒しており、これまでもiPhone Maniaでは有機ELディスプレイを同社がアップルに卸す旨をお伝えしてきましたが、改めて今回の報道によってその見方が確かとなりました。

巨額の設備投資がリスクとなる危険も

iPhone8 4K画質の有機ELディスプレイ
 
16年に8兆ウォン(約7,200億円)を投じてパネルの生産設備を拡充させ、18年前半までに一部工場の生産能力を最大18万枚/月に拡張、iPhone向けに6万~9万枚/月を振り分けるとされており、増産規模の急激な拡大に、日本経済新聞は「15年の自社のスマホ販売台数3.2億台(推計値)と比べて大きく、巨額の投資負担が収益の重荷となるリスクがある」ことを指摘しています。
 
しかし、アップルが有機ELの採用に踏み切ることで他ベンダーも追随する公算が高いこと、また18年には「4K OLEDディスプレイ」もアップルのVR装置に対応する形で市場に登場するのではないかとされていることなどを考えれば、サプライヤーとしての業務とベンダーとしての業務を一体化させて「リスク」と断じるのは時期尚早であるように思われます。
 
 
Source:日本経済新聞
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone8/Plus/Xの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる