2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    次世代iPhoneのOLEDディスプレイはVR技術のため?

    iphone apple VR

    iphone apple VR
     
    2017年よりOLED(有機EL)ディスプレイを搭載したiPhone7s(iPhone8)が市場に登場すると言われていますが、OLED搭載はディスプレイの解像度を向上させるだけでなく、現在アップルが開発しているVR(仮想現実)への応用を睨んでいるのではないかとする観測が登場しました。

    4K OLEDディスプレイをサムスンが開発

    もともとは2018年よりiPhoneに搭載されると見込まれていたOLEDディスプレイですが、アップルがサプライヤーに前倒し可能かどうかのヒヤリングを行っていたことが明らかになり、現在では2017年に発売されるiPhone7s(iPhone8)から導入されるとの見方が一般的です。
     
    ディスプレイの生産を請け負うサプライヤーは技術力と生産能力に一日の長があるサムスンが中核になると言われていますが、その同社が目下開発中のパネルが5.5インチの4K OLEDディスプレイです。2017年より生産が開始され、その翌年よりスマートフォンへ搭載が始まると言われているこの4Kディスプレイは、ニュースサイト威锋网によると、2018年に発表されるiPhoneに搭載される可能性が非常に高いとのことです。

    アップルの2018年はVRがキーワード

    iphone VR アップル
     
    しかも、この4K OLEDディスプレイはiPhoneの解像度をさらに高めるだけでなく、現在アップルが開発中のVR技術に応用されるのではないかとされています。というのも、同ディスプレイはVR技術に特化したパネルとされているためです。またこの情報は、以前投資会社のPiper JaffrayのGene Munster氏が、2018年にアップルからVR製品がiOSに対応する形で登場すると指摘したこととも一致します。
     
    すでに、サムスンやHuaweiなどが先陣を切ってVR製品を展開しているほか、先日にはグーグルもAndroidに対応した「DayDream」を発表するなど、VR開発競争は日に日に熱を帯びています。そんな中で、10億人のユーザーを有するiOSという巨大なプラットフォームがこの競争に参画しないという選択肢はないでしょう。
     
    仮にiPhoneをVR用のディスプレイにするとなると、「ハコスコ」のようなアクセサリも同時に展開されることとなりますが、そのあたりの情報も今後は望まれるところですね。
     
     
    Source:威锋网
    Photo:YouTube
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次