トップページ > 最新情報 > なぜドレイクの新作はiTunesとApple Music限定で100万枚も売れたのか

読了まで 220

なぜドレイクの新作はiTunesとApple Music限定で100万枚も売れたのか

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

ドレイク 「Views」
 
人気ヒップホップミュージシャン、ドレイクのニューアルバム「Views」は、iTunesとApple Music限定先行販売ながら、発売から24時間で63万枚、5日で100万枚以上という大ヒットを記録しています。
 
世界的にCDやダウンロード販売が低迷する中の大ヒットには、綿密で強力な仕掛けがありました。

iTunesとApple Music限定、5日で100万枚!

音楽業界では近年、CDとダウンロード販売の低迷が続いています。その理由は、SpotifyやApple Musicといったストリーミングサービスの普及にあると言われています。
 
音楽販売冬の時代と言える中、iTunesとApple Musicだけで5日で100万枚以上を売ったドレイクのニューアルバム「Views」の大ヒットについて、Appleのコンテンツサービス責任者のLarry Jackson氏は「想定どおり」と語ります。
 
その背景を、米紙ウォールストリート・ジャーナルが伝えています。

大ヒットを生んだ地道で強力なプロモーション

ドレイクは、昨年6月末のApple Musicサービス開始直後から1年弱にわたり、Apple Musicの無料チャンネルBeats 1 Radioの番組を20回以上ホストし、新曲を初公開するなど、ニューアルバムのプロモーションにApple Musicをフル活用しました。
 
Appleも、「Views」をiTunesのトップページで紹介したほか、バスケットボールリーグNBAのプレーオフのテレビ中継でCMを放映し、プロモーションに全面的に協力しました。

Apple Musicでは2億5,000万回も再生

ドレイク 「Views」

 
Appleのリソースを活用したプロモーションが奏功し、「Views」は発売後24時間で63万2,000枚、5日で100万枚というミリオンセラーとなりました。
 
また、同アルバムは世界中に1,300万人の有料会員を持つApple Musicで、2億5,000万回以上も再生されています。

ストリーミングを活用したプロモーションの成功例

ストリーミングサービスの隆盛により、音楽販売が衰退したと言われますが、今回の大ヒットは、アーティストの知名度や作品の魅力もさることながら、Apple Musicというストリーミングサービスを活用したプロモーションの成功例と言えるでしょう。
 
海外では学生割引も開始され、今年の夏にも大幅リニューアルが見込まれるApple Musicから、「Views」のようなヒットが続くのか、注目です。
 
 
Source:The Wall Street Journal
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone8/Plus/Xの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる