iOS10におけるApple Musicの変更点は白黒のUIや巨大なアートワークなど

    Apple Music iOS10 WWDC2016

    Apple Music iOS10 WWDC2016
     
    Appleが、WWDC2016においてApple Musicを大幅に刷新することを発表するのではないかという情報をご紹介しましたが、ニュースメディア『9to5Mac』はその詳細について伝えています。

    白黒のUIや巨大なアートワークの採用、フォントにも変化か

    昨日、音楽戦略の立て直しと幹部数人の退社が原因で、Appleが音楽ストリーミングサービスApple Musicの刷新を計画しているのではないかとご紹介しましたが、今回はかなり抜本的なデザイン変更となるようです。
     
    『9to5Mac』によれば、iOS10に搭載されるApple Musicでは白と黒のUIが特徴となり、現行のデザインよりもシンプルで使いやすい直感的なものとなることが予想されます。一方でアルバムアートワークは現状のサイズより大きくなり、インターフェースの大部分を占めるようになります。
     
    また、Appleは独自フォントとしてSan Franciscoの利用を進めていますが、新しいApple Musicのテキストは同フォントが使用されることが予想されます。
     
    このほか、iPhone6sで搭載された新機能3D Touchを利用したショートカットプレビュー機能も採用されるようです。
     
    このほか、メニュータブにも変化があり、「NEW」タブが廃止されて新たに「Browse」が加わるとしています。このほか、Appleは曲と歌詞の統合を進めるためにレーベルと交渉中であることも伝えられています。
     
     
    Source:9to5Mac
    (クロス)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次