トップページ > iPhone SE > iPhone SE分解レポート!東芝製ストレージ、新たな電源管理パーツを確認!
2016年3月31日 13時17分

読了まで 139

iPhone SE分解レポート!東芝製ストレージ、新たな電源管理パーツを確認!

iPhone SE分解レポート
 
発売されたばかりのiPhone SEの分解レポートが早速、公開されました。最新モデルiPhone6sと同じA9プロセッサーを搭載し、2GBのメモリ、16GBのストレージは東芝製、電源管理用に新たに採用されたパーツが確認されています。

A9プロセッサー、新たな電源管理パーツを確認!

iPhone SEの分解レポートを、Chipworksが公開しました。

 
iPhone SE分解レポート
 
分解されたiPhone SEのメイン基盤中央には、TSMC製のA9プロセッサーが配置されています。TSMCは、サムスンとA9プロセッサーの製造を分担しています。
 
iPhone SE分解レポート
 
電源管理用の新しいパーツが搭載されており、高い処理性能とバッテリー持続時間の両立に貢献していると見られます。
 
iPhone SE分解レポート
 
iPhone5sになかったパーツであるNFCチップはNXP製で、iPhone6sで採用されていたのと同モデルです。
 

その他のパーツについてChipworksは、今後詳細に分析する必要があるとしながらも、従来モデルのiPhoneと共通のものが多く、目新しい点は少ないようだ、とレポートしています。
 
 
Source:Chipworks
(hato)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : iPhone SE, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる