トップページ > iPhoneの使い方 > iOS13新機能・変更 > 【iOS13】ファイルの管理が超簡単に!ダウンロードマネージャーの使い方
2019年9月22日 16時46分

読了まで 214

【iOS13】ファイルの管理が超簡単に!ダウンロードマネージャーの使い方

ダウンロードマネージャー
 
iOS13では、ファイルアプリがアップデートされ、ダウンロードマネージャー機能が追加されました。
 
これまで、PDFファイルなどをダウンロードしても、どこに保存されたか分からない!となりがちだったり、ZIPファイルの保存と閲覧に専用のアプリが必要だったり、なにかと不便でした。iOS13でダウンロードマネージャーが追加されたことにより、これらの不便さが一挙に解消されます。

Safariでファイルをダウンロードする

Safariで画像などのダウンロードリンクから、ファイルをダウンロードできるようになりました。
 
ここではGoogleドライブに保存された画像を、ダウンロードリンクからダウンロードしてみます。

 

1
ダウンロードのリンクをタップ
ダウンロードマネージャー

  • サイトによってダウンロードリンクの表示の仕方は異なります。
  •  

    2
    「ダウンロード」をタップ
    ダウンロードマネージャー

  • 「表示」をタップすると、保存した画像を見ることができます。
  •  
    これだけでファイルのダウンロードが完了しました。

    ダウンロードしたファイルを確認する

    ダウンロードしたファイルは、「ファイル」アプリの「ダウンロード」フォルダに入ります。
     
    ダウンロードマネージャー ダウンロードマネージャー
     
    しかし、いちいち開いて探すのは面倒です。そこでiOS13から使えるようになったダウンロードマネージャーの機能の出番です。
     
    Safariなどでファイルのダウンロードが完了すると、右上に、下矢印のマークのボタンが表示されます。
     

     
    このボタンを押すと、ダウンロードしたファイルの情報が表示されます。
     

     
    ファイル名をタップすると画像のプレビューが開き、虫眼鏡のマークをタップすると、保存先フォルダを開くことができます。
     

     
    保存してすぐ、ダウンロードしたファイルを確認するときは、この手順でファイルアプリを開くことができるので、ダウンロードフォルダを探す手間が省けて、格段に使いやすくなっています。
     
     
    (かえで)
     
     

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる