トップページ > iPhoneの使い方 > iOS12新機能 > 【ショートカット紹介】辞書アプリのように使える辞書ショートカット
2019年8月11日 12時06分

読了まで 246

【ショートカット紹介】辞書アプリのように使える辞書ショートカット

単語を定義
 
iOS12で追加された「ショートカット」アプリは、よく使う機能やさまざまな操作を自動化して実行させる機能です。
 
単語を定義」は単語の意味を調べたい時に使えるショートカットです。指定した単語を簡単に辞書で調べることができます。
 
この記事では、「単語を定義」の追加方法と、設定方法を解説します。

「ショートカット」アプリをダウンロードする

Siriショートカットを作成する
 
ショートカット」アプリは、App Storeで無料で入手できます。まずはアプリを入手しましょう。
 

 

「単語を定義」ショートカットを入手する

 

1
ギャラリーをタップ
「単語を定義」する時に使用するショートカット

  •  

    2
    「Writer’s Toolbox」の「すべて表示」をタップ
    「単語を定義」する時に使用するショートカット

  •  

    3
    「ショートカット名単語を定義」をタップ
    「単語を定義」する時に使用するショートカット

  •  

    4
    「ショートカットを取得」をタップ
    「単語を定義」する時に使用するショートカット

  • 「ショートカット」の実行方法

    作成したショートカットを実際に使うために、「単語を定義」のショートカットを実行する方法を決めましょう。
     
    ショートカットの実行方法は、大きく分けて3つあります。
     

    ホーム画面にショートカットのアイコンを追加する

    ホーム画面に、アプリと同じような実行用のアイコンを追加して、タップすることでショートカットを起動することができます。
     

  • 【解説】「ショートカット」を実行するアイコンをホーム画面に追加する方法
  •  

    ウィジェットに登録する

    iPhoneのウィジェットにショートカットを登録すると、手早く実行することができます。
     
    またウィジェットに登録したショートカットは、ホーム画面の「ショートカット」アプリのアイコンを3D Touchで押し込むことでも起動できます。
     

  • 【解説】「ショートカット」をウィジェットから実行する方法
  •  

    Siriショートカットを作成する

    「Siriショートカット」を作成すれば、Siriに一声かけるだけでショートカットを実行できます。
     

  • 【解説】Siriショートカットの基本機能・設定
  • 【解説】Siriショートカットの作り方
  • 実際に使ってみよう

    「単語を定義」ショートカットは、ホーム画面やウィジェットに設置しておけば、辞書アプリのように使うことができて便利なショートカットです。
     
    使い方も簡単で、「単語を定義」を実行すると、単語を入力するフォームが表示されます。あらかじめ単語をコピーした状態であれば、自動で単語が入力されます。
     
    「単語を定義」する時に使用するショートカット
     
    単語を入力し、OKを押すと、単語の意味が表示されます。
     
    「単語を定義」する時に使用するショートカット
     
    表示された単語の説明をタップすると、さらに詳細な説明を読むことができます。
     
    また、「Webを検索」をタップすると、Safariでの検索結果が表示されます。
     
    「管理」をタップすると、検索する辞書を設定することができます。
     

     

    --PR--

    [公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ


    → 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる