トップページ > 使い方 テクニック > 間違えて消してしまった…iPhoneの「写真」アプリで削除した画像を復活させる方法

読了まで 218

間違えて消してしまった…iPhoneの「写真」アプリで削除した画像を復活させる方法

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

削除した画像を復元する方法
 
iPhoneを操作していて、間違えて画像を削除してしまったり、1度は削除したけど削除を取り消して元に戻したい……と思ったことはないでしょうか。
 
実は、iPhoneでは削除してから30日間に限り、削除した写真を元に戻すことができるんです。

削除した画像を復元する方法

1
「写真」を開き「アルバム」をタップ
Tips 画像を復元する

  • ホーム画面から「写真」アプリを起動します。そして下部の「アルバム」タブをタップします
  •  

    2
    「最近削除した項目」をタップ
    Tips 画像を復元する

     

    3
    「選択」をタップ
    Tips 画像を復元する

  • ここで選択をタップせず、画像をタップすると1枚ずつ復元ができます
  •  

    4
    復元したい画像をタップ

    Tips 画像を復元する Tips 画像を復元する

     

    5
    「復元」をタップ
    Tips 画像を復元する

     

    6
    「○枚の画像を復元」をタップ
    Tips 画像を復元する

     
    以上で復元完了です。カメラロールなど元あった場所のフォルダを見ると、削除から復元した画像が戻っています。
     
    また、すべての画像を復元したい場合は、すべて復元をタップで復元することができます。
     
    Tips 画像を復元する Tips 画像を復元する

    画像を完全に削除する

    復元することができるということは、逆に考えると「完全に削除されてはいない」ということです。
     
    iPhoneで画像を削除することは、ゴミをゴミ箱にいれるのと同じです。しかし、そのゴミ箱を空にしなければ、ゴミは残り続けます。これと同じ原理で、ただ削除しただけではiPhoneに画像が残ってしまうのです。
     
    iPhoneからすぐにでも完全に削除したい!という場合は、
     
    Tips 画像を復元する

     
    画像をiPhoneから完全に削除する場合は、STEP5の「復元」をタップするタイミングで「削除」をタップします。また、まとめて復元するのと同様の手順で、まとめて削除することもできます。
     
    ただし、削除した項目から「削除」をすると、その画像を復元することができなくなるので、よく考えてから実行してくださいね!

    保存期間に注意しよう

    Tips 画像を復元する
     
    消した画像が復元できるのはとても助かる機能ですが、注意しなければいけないのは復元できる期間が30日間に限られているという点です。
     
    「最近削除した項目」にある画像は、削除から30日経つと、自動的に完全に削除されてしまいます。大事な画像をうっかり消してしまった!と気付いたら、後回しにせず、すぐに復元を行うようにしましょう。

     
     

    --PR--

    [公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ


    [最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

    iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


    [格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

    iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

    いつもシェアありがとうございます
    Twitter

    Twitter

    Google+

    g+

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    Top