iOS/iPadOS18やwatchOS11など次期OSのベータ3がリリース

Appleが2024年7月9日、iOS18、iPadOS18、watchOS11、tvOS18、HomePodソフトウェアバージョン18、visionOS2の開発者向けベータ3をリリースしました。

iOS18開発者向けベータ3での変更点も、報告されています。

目次

各OSの開発者向けベータ3のビルド番号を確認

iOS18iPadOS18、watchOS11、tvOS18、HomePodソフトウェアバージョン18、visionOS2の開発者向けベータ3のビルド番号は、下記の通りです。

  • iOS18開発者向けベータ3:22A5307f
  • iPadOS18開発者向けベータ3:22A5307f
  • watchOS11開発者向けベータ3:22R5309f
  • tvOS18開発者向けベータ3:22J5315e
  • HomePodソフトウェアバージョン18開発者向けベータ3:22J5315e
  • visionOS2開発者向けベータ3:22N5277g

macOS Sequoia 15開発者向けベータ3のリリースに遅れ?

6月25日に開発者向けベータ2が同時にリリースされていたmacOS Sequoia 15ですが、現時点で開発者向けベータ3のリリースは確認されていません。

iOS18開発者向けベータ3での新機能

iOS18開発者向けベータ3では、サードパーティ製アプリのアイコンもダークモードでは暗い表示に変更されるとの報告がなされています。

また、ダークモードにおける「マップ」アイコンのデザイン変更なども行われるなど、配色が変更されています。

iOS18b3 map_1200

壁紙に、時間とともに変化するダイナミック壁紙が追加されています。

懐中電灯のインターフェースが変更され、大きくなったことで照射範囲の変更操作が容易になりました。

これら以外に、下記の変更が行われているとMacRumorsが述べています。

  • 「メッセージ」におけるRCSのインターフェースが変更
  • Apple Intelligenceに関する記述が追加され、Genmoji、Image Playground、Writing Tools、Image Wandに関するコードが確認
  • メッセージで使用可能な、絵文字とステッカーのインターフェースを変更し小さいアイコンで操作可能に
  • 「写真」アプリに、複数の画像を選択するボタンが追加

iOS17.6などのベータテストも実施中

Appleは、現行OSであるiOS17.6、iPadOS17.6、watchOS10.6、tvOS17.6、HomePodソフトウェアバージョン17.6、macOS Sonoma 14.6、visionOS1.3の次期バージョンのベータテストも実施中です。

これらのOSの正式版は、早ければ7月30日にリリースされる可能性があります。

Source:iSoftware Updates(@iSWUpdates)/X, MacRumors

Photo:Beta Profiles(@BetaProfiles)/X, Andrew Clare(@andrewjclare)/X

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

目次