夢か現か!?iCloudの無料ストレージが20GBにアップグレード?

    icloud

    ついに念願が叶った!」とAppleの元最高デザイン責任者であるジョナサン・アイブ氏のパロディアカウントがAppleのプレスリリースのスクリーンショットを共有しました。本当にiCloudの無料ストレージが20GBにアップグレードされたのでしょうか。

    目次

    エイプリルフールのネタだった?

    アイブ氏のパロディアカウントᴺᴼᵀ Jony Ive(@JonyIveParody)が投稿している時点ですべてが虚構なのは自明ですが、iCloudの無料ストレージの増量はエイプリルフールのネタにでもしなければ考えられないほど、実現不可能というニュアンスが感じられます。

    偽のプレスリリースには、以下の声明が記載されています。

    既存のiCloudユーザーには、追加のストレージが自動的に提供されます!iCloudに新規登録された方は、最初から20GBの拡張ストレージをご利用いただけます。

    ᴺᴼᵀ Jony Ive(@JonyIveParody)/X(旧Twitter)

    iCloudの容量の少なさは訴訟に発展

    2024年という時代において、わずか5GBの無料ストレージを提供するiCloudは、ユーザーに支払いをほぼ強制的に促すよう計算されているとして、米国で訴訟に発展しています。

    特に問題視されているのは、バックアップという基本機能を利用する際、ほぼ必ず有料プランへのアップグレードが要求されることです。多くのユーザーが無料プランの容量拡大を望んでいますが、財源確保の一環として、Appleがこれを簡単に譲ることはないと予想されます。

    Source: @JonyIveParody/X

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次