iPhone SE(第4世代)のOLEDがBOEで確定!?低価格提示で8万円以下期待

    iPhone SE4 AH 0317_1200

    iPhone SE(第4世代)に搭載される有機EL(OLED)ディスプレイは、中国BOEが受注する可能性が濃厚になったと韓国メディアが報じています。

    受注が有力視されていたSamsung Displayは提示額が他社よりも高かったことで脱落したとみられており、BOEが低価格で受注したことでiPhone SE(第4世代)の販売価格抑制が期待されます。

    目次

    BOEが特価を提示し、Appleから受注した模様

    既報の通り、Samsung Displayの提示額は30ドルであったため、AppleがiPhone SE(第4世代)用OLEDディスプレイの卸価格として求めている25ドルには対応できず、受注することができなかった模様です。

    BOEの初回提示額も35ドルと、Samsung Displayよりも高かったにも関わらず最終的にAppleが要望した25ドルで交渉が妥結したと思われます。

    中国Tianmaは10ドル台後半の卸価格で6インチクラスのOLEDディスプレイを受注している場合もあるとのことで、BOEよりも安価ですがAppleが求める品質基準を満たせるか不安視されていました。

    その点、iPhone14やiPhone15にOLEDディスプレイを供給中のBOEであれば、そうした不安はありません(BOEが以前のように問題を起こさないという前提)。

    販売価格8万円以下(税込)を期待

    流出したiPhone SE(第4世代)のCADデータから、リアカメラは1眼になることが確認されていました。

    BOEが安価でOLEDディスプレイを受注したことと、リアカメラがiPhone14の2眼から1眼に変更されること、iPhone SEシリーズはAndroidスマートフォン対抗という位置付けから、販売価格は8万円以下が実現されることを期待します。

    Photo:Apple Hub(@theapplehub)/X

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次