WWDC 2024は6月10日から開催!役員がAI関連発表をほのめかす

    wwdc 2024

    Appleは現地時間26日のプレスリリースで、今年の世界開発者会議(WWDC)6月10日から14日の期間で開催されると発表しました。イベントは対面式で行われるとのことですが、プレゼンは事前に収録されたものが使用される模様です。

    目次

    どんなAI発表が待っているのか!?

    WWDCは基本的にソフトウェアにフォーカスしたイベントで、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOS、visionOSの進化にスポットライトが当てられますが、Appleでワールドワイドマーケティング担当上級副社長を務めるグレッグ・ジョズウィアック氏は、AI関連の発表をほのめかす意味深な投稿をしています。

    ジョズウィアック氏は「とんでもないものになる!(Absolutely Incredible)」と述べていますが、あえて「A」「I」を大文字にしており、AI関連の発表があることを示唆しています。

    クックCEOも中国で「AI」発言

    大手テック企業の中ではMicrosoftやGoogleに比べてAI開発で遅れを取っていると言われるAppleですが、最近になって多くのAI関連の情報発信が目立っており、中国を訪れていたティム・クック最高経営責任者(CEO)は、再生素材の活用においてAIをすでに使用していると述べたばかりです。

    AppleはすでにAIを使用している分野・サービスとして、AppleCareのサポートを挙げており、Xcodeへのコード生成AI機能の実装「Pages」「Keynote」「Numbers」でのAI機能の追加の噂が出ています。

    WWDC 2024でどのようなAI関連発表があるのか、今から楽しみになってきます。

    Photo: Apple

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次