2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Windows 12の年内発表をMicrosoftが否定〜Windows 11を継続

    Windows-12-not-happening_1200

    Windows-12-not-happening_1200
     
    Windows 12が2024年中に発表されると噂されていることに関しMicrosoftが、次のメジャーバージョンアップは「Windows 11バージョン24H2」であると伝えました。
     
    Windowsにおける人工知能(AI)機能の強化は、Windows 12ではなくWindows 11で行われることになります。

    ■3行で分かる、この記事のポイント
    1. Windows 12が年内に発表されると噂されているが、海外メディアの取材に対しMicrosoftが否定。
    2. Windowsの次のメジャーバージョンアップは、Windows 11バージョン24H2。
    3. Windows 11バージョン24H2ではAIが統合、Armアーキテクチャへの最適化が図られる見通し。

    Hudson ValleyはWindows 12ではない

    Windowsの次のメジャーバージョンアップでは生成系AIが統合され、Windows 11からWindows 12に進化すると予想されていました。
     
    これに対しMicrosoftが、次のメジャーバージョンアップはWindows 11バージョン24H2になるとWindows Latestに対してコメントしたことから年内のWindows 12の発表はない模様です。
     
    Windows 11バージョン24H2はコードネーム”Hudson Valley”として開発されています。
     
    今回のMicrosoftのコメントにより、Windows 12が発表されるとしても2025年以降になりそうです。

    Armアーキテクチャの最適化が進められる見通し

    Windows 12が発表されることはないとしても、WindowsのArmアーキテクチャへの最適化は進められると期待されます。
     
    QualcommはApple Mシリーズに対抗するSnapdragon X Eliteシリーズを発表済みで、これを搭載する新型Surfaceの登場が噂されています。
     
    また、Microsoft自身も独自設計のシステム・オン・チップ(SoC)の開発を進めているとみられています。
     
     
    Photo:Windows Latest
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次