Vision Proでは際限なくインターフェースの巨大化が可能?笑えるデモ動画が公開

vision pro

vision pro
 
Appleの複合現実(MR)ヘッドセットVision Proの提供がデベロッパ向けに開始されており、同デバイスに対する期待感が高まる中、「こういう風に作業できるんじゃないか」と提案するデモ動画が公開され、話題になっています。
 

■3行で分かる、この記事のポイント
1. AppleのMRヘッドセットVision Proのデモ動画が公開され、話題になっている。
2. バーチャル空間上の画面が家の壁を突き抜け、地球からもはみ出るほど巨大になるというもの。
3. 未発売のデバイスの3Dモデル制作などで知られるイアン・ゼルボ氏もコメントしている。

地球規模で作業したい?

拡張現実(AR)・3Dアーティストのセルゲイ・ガルキン氏(@sergeyglkn)は、「おれみたいにApple Vision Proを楽しみにしてる人?」と、Vision Proのデモ動画を公開しました。
 
3DソフトウェアBlenderで人形の3Dモデル制作の作業を開始しますが、インターフェースのサイズをどんどん大きくしていくと、やがて、画面は家の壁を突き抜け、地球からもはみ出るほど巨大になっていきます。
 


 
この動画に対して、未発売のデバイスの3Dモデル制作などで知られるイアン・ゼルボ氏も、「何てことだ」とたまらずコメントしています。
 
Vision Proはすでに発表時にその奇抜な外見がミームと化しましたが、実機登場の際にはまたさまざまなバグが報告されたり、新たなコンセプトが打ち出されるのは間違いありません。
 
 
Source:@sergeyglkn/X
(lexi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

目次