米国でのNetflixのパスワード共有の取り締まりで登録者数が急増

Netflixロゴ

Netflixロゴ
 
配信登録制のストリーミングサービスNetflixは、5月に米国でのパスワード共有の取り締まりを開始しましたが、分析会社Antennaが共有したデータによれば、登録者数の急増につながっているとのことです。
 

■3行で分かる、この記事のポイント
1. Netflixは5月に米国でのパスワード共有の取り締まりを開始した。
2. 分析会社ANTENNAが共有したデータによれば、登録者数の急増につながっている。
3. 解除者数が新規契約者数を上回っているわけではないことが明らかになった。

Netflixの戦略は追い風に

Netflixのパスワード共有とは、いっしょに住んでいない家族同士などが異なるロケーションで一つのアカウントでサブスクリプションを共有する行為のことで、Netflixはラテンアメリカから取り締まりを開始し、ついに先月米国でも取り締まりが始まっています。
 
最新データによれば、Netflixへの1日平均登録者数は73,000件に達し、前60日平均から102%の増加がみられたとのことです。Netflixは、5月26日と5月27日の両日、1日あたり10万件近いサインアップを記録し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるロックダウン期間中のサインアップを上回りました。
 


 
ポリシー変更後、Netflixでは契約解除が増加しましたが、解除者数が新規契約者数を上回っているわけではないことが明らかになっています。
 
 
Source:MacRumors
(lexi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

目次