2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Samsung、デフォルト検索エンジンをBingに切り替える計画を取りやめ

    samsung ロゴ

    samsung ロゴ
     
    Samsungが自社スマートフォンに搭載している独自ブラウザで、デフォルトの検索エンジンをGoogleからBingに切り替えることを諦めたようです。

    ■3行で分かる、この記事のポイント
    1. Samsungが、GoogleからBingに切り替える計画を諦めたようだと報じられた。
    2. デフォルトの検索エンジンをGoogleからBingに変更するのではないかという観測が浮上。
    3. Googleとのビジネス関係が冷え込むだけだと筆者は指摘している。

    Googleの対抗馬として注目集めるBing

    Samsungが自社スマートフォンに搭載しているデフォルトの検索エンジンを、従来のGoogleからBingへと変更するのではないか、とする観測が浮上したのは先日のことです。
     
    BingはMicrosoftが提供している検索サービスで、対話型AI「ChatGPT」の技術をいち早く取り入れたことで、最近Googleの対抗馬として大きな注目を集めています。
     
    そのため、スマートフォン市場でAppleとともに大きなシェアを占めるSamsungがBingへ切り替えることで、検索エンジンにおける“Google一強”の構図に変化が起きるのではないか、とも期待されていました。

    Googleとの関係悪化を避けたい思惑

    しかし、Wall Street Journalに対して事情通が語ったところによると、Samsungは最終的にBingを自社ブラウザに採用する計画を諦めたそうです。
     
    放棄した理由は、Samsungのスマートフォンユーザーを含む大半のAndroidユーザーが、ベンダー謹製の独自ブラウザではなく、同じくプリインストールされたGoogle Chromeを好んで使っているためです。
     
    SamsungのGalaxyブラウザ(Samsung Internet Browser)が使われていない状況で、デフォルトの検索エンジンをBingに切り替えても、Googleとのビジネス関係が冷え込むだけでしょう。
     
    WSJに内情を語った人物は、Googleのソフトウェアに大きく依存している事実を、Samsungのスマートフォン部門が重くみた結果だと述べています。
     
     
    Source:WSJ via AppleInsider
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次