Apple、世界スマートフォンユーザー数でSamsungを上回ったことが判明

    iphone galaxy

    iphone galaxy
     
    Samsungはより多くのエントリーレベル〜ミッドレンジのモデルを展開しており、ユーザー数においてはAppleをはるかに凌ぐと思われがちですが、最新のデータによれば、iPhoneのユーザー数がSamsung機のユーザー数を上回ったことが明らかになりました。

    iPhoneユーザー数がSamsungを上回る日が来るとは…

    Mobile Vendor Market Share Worldwide(モバイルベンダーの世界市場シェア)が公開するデータをAtlas VPNのチームが分析したところ、スマホのユーザーベースに関する興味深い事実が浮かび上がってきました。
     
    Appleはハイエンドモデルを展開しプレミアムユーザーを確保する一方、Samsungはより廉価なデバイスでより多くのユーザー数を勝ち取っているというのが通例となっていましたが、今年に入ってからそのバランスに変化があったことが判明しました。
     
    2023年2月のAppleのスマホ市場でのシェアが27.1%であったのに対し、Samsungはわずかながら下回り、26.75%のシェアにとどまったというのです。
     
    https://www.digitalcameraworld.com/news/iphone-overtakes-samsung-in-latest-global-smartphone-sales-figures
     
    全世界のスマートフォンのユーザー総数68億4,000万人のうち、2023年に入ってから18億5,000万人がiPhoneを使用しているのに対し、Samsungのスマートフォンを使用しているのは18億2,000万人であることがわかったとのことです。

    単なる短期的なトレンドなのか、それとも?

    Samsung最新機種であるGalaxy S23シリーズは、カメラの問題で写真がぼやけると報告されており、また最近になって月の写真撮影の際に偽造が行われている可能性が指摘されるなど、評価が下がりつつあるのは間違いありません。
     
    「Appleの成功は、その強いブランドイメージ、顧客ロイヤルティ、効果的なマーケティングによって今後も続くだろう」とAtlas VPNのサイバーセキュリティライターのヴィリウス・カルデリス氏は述べており、2023年第2四半期からのスマホ市場の動向が気になるところです。
     
     
    Source:Digital Camera World
    Photo:Trusted Reviews
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次