2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Nothingの新型スマホPhone(2)はパフォーマンスが80%向上〜CEOが明言

    Nothing Phone(1)

    Nothing Phone(1)
     
    Nothingは2023年夏に、新型スマートフォンPhone(2)を発売すると明らかにしていますが、搭載チップが従来の噂通り「Snapdragon 8+ Gen 1」となることが明らかになりました。

    ■3行で分かる、この記事のポイント
    1. Nothingは2023年夏に、新型スマホ「Phone(2)」を発売すると明らかにした。
    2. 搭載チップが従来の噂通り「Snapdragon 8+ Gen 1」となることが明らかになった。
    3. 同プロセッサが徹底的にテストされ、継続的に最適化されているため。

    スマホPhone(2)はパフォーマンスが80%向上

    これは、Nothingの最高経営責任者(CEO)カール・ペイ氏がTwitterで明らかにしたものです。
     
    Phone(2)のチップが「Snapdragon 8+ Gen 1」であることに加え、従来モデルPhone(1)からどのような点が進化するか語っています。
     


     
    ペイ氏によると、Phone(2)はPhone(1)に比べてパフォーマンスが80%、アプリを開くスピードは2倍に向上しているようです。
     
    また、TSMCの4nmプロセスで製造される「Snapdragon 8+ Gen 1」について、「省電力性能と発熱管理はクラスで最高だ」と評価しています。
     

    あえて「Snapdragon 8+ Gen 1」を選択した理由は?

    Phone(2)に搭載される「Snapdragon 8+ Gen 1」は、2022年後半発売のハイエンドスマホに多く採用されたチップです。
     
    すでに後継チップの「Snapdragon 8+ Gen 2」が登場している中、なぜあえて「Snapdragon 8+ Gen 1」を選択したのでしょうか?
     
    ペイ氏は、「同プロセッサが徹底的にテストされ、継続的に最適化されているため」「スペック競争ではなく、ユーザーエクスペリエンスを優先するため」と語っています。
     


     
    なお、Phone(2)はNothingの公式Twitterでティザー画像が公開されているほか、すでに量産が開始されたという情報もあります。
     
     
    Source:カール・ペイ/Twitter
    (te7373)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次