watchOS10はApple Watch S4/5/SEに対応しない?

    watchOS9

    watchOS9
     
    リーカーの941氏(@analyst941)が、次期OSであるwatchOS10が「Apple Watch Series 4とSeries 5、SE(第1世代)に対応しないかもしれない」と投稿、フォロワーから悲鳴が上がっています。

    ■3行で分かる、この記事のポイント
    1. リーカーの941氏の投稿にフォロワーから悲鳴が上がっている。
    2. watchOS10はApple Watch Series 4とSeries 5、SEに対応しない可能性があるという。
    3. iOS17へのアップデートは予定されているとのこと。

    watchOS10はApple Watch Series 4/5/SEに非対応?

    941氏は最近、主にiOS17に関するリーク情報を投稿している人物です。iPhone14 Proシリーズで導入されたDynamic Islandに関する情報を事前に正しく伝えていたものの、それ以外の実績はないため、「こういう情報もある」程度にとどめておいたほうがいいかも知れません。

     
    941氏が今週入手したテスト情報によると、watchOS10Apple Watch Series 4とSeries 5とApple Watch SE(第1世代)をサポートしない可能性が高いそうです(まだ公式ではない)。
     
    ただしこれらのApple Watchに対するセキュリティアップデートは予定されているとのことです。また現行OSであるwatchOS9は、次期OSのiOS17と問題なく同期すると同氏は述べています。
     
    つまりiOS17へアップデートしたiPhoneと、watchOS9のままのApple Watch Series 4/5/SEの同期に問題は生じない、ということのようです。

    モデル別watchOSの平均メジャーアップデート回数は3〜4回

    iPhone Maniaでは、過去のwatchOSのメジャーアップデート回数をモデル別に調査しました。その結果、これまでの平均メジャーアップデート回数は3〜4回であることがわかっています。
     
    941氏が、watchOS10がサポートしない可能性を指摘しているApple Watch Series 4はすでに4回アップデートを受けているので、サポート対象外となる可能性は高いでしょう。
     
    Apple Watch Series 5のメジャーアップデート回数は3回ですので、対象外となるかどうか、微妙なラインといえます。
     
    しかしApple Watch SE(第1世代)は、まだ2回しかメジャーアップデートを受けていません

     

    watchOS10は最大級のアップデートになる

    Bloombergのマーク・ガーマン記者は、watchOS10はApple Watch発売以来、最大級のアップデートになるとし、ウィジェットのような新機能が搭載されると述べています。
     
    一方前述の941氏は、watchOS10ではホーム画面にアプリのフォルダが導入され、watchOS用「ヘルスケア」アプリが搭載されるなど、iOSに機能面で近づくと予想しています。

     
     
    Source:941/Twitter
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次