一世風靡した音声SNSのClubhouse、社員の半数をレイオフ

Clubhouse

Clubhouse
 
2020年に登場し、一時は大人気を博した音声SNS「Clubhouse」が、業績不振のため従業員の半数以上をレイオフすると発表しました。

競合サービスの登場で急速に人気を失う

招待制のClubhouseは、テキストではなく音声を利用するというそれまでにはない発想、そして多くの著名人が利用を表明したこともあり、またたく間に注目を集めました。
 
2021年始め頃にはわずか1週間で認知率が19%から52%に上昇、2月中頃には日本でもアプリダウンロード数1位になるなど、まさに破竹の勢いでユーザー数を拡大したClubhouseですが、FacebookTwitterがよく似た音声チャットを導入人気は急速に下火となっていきました

少人数チームに戻って立て直すと表明

Clubhouseの創業者であるポール・デイビソン氏とローハン・セス氏は現地時間2023年4月27日、公式ブログにおいて、従業員に宛てたメールを公開しました。
 
両氏によると、50%以上にものぼる従業員のレイオフは、再びスタート時の少人数のチームという立場に戻り、アプリの機能や仕組みを立て直す計画の一環であるとのことです。

 
 
Source:Clubhouse via 9to5Mac
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

目次