2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、32/42インチOLEDディスプレイを発売し2027年までに全製品移行か

    Apple Display AD 0422

    Apple Display AD 0422
     
    Appleは、32インチおよび42インチの有機EL(OLED)ディスプレイ(外部ディスプレイ)を2027年に発売するべく開発中で、それまでにiPadシリーズ、MacBookシリーズ、外部ディスプレイに搭載されるディスプレイパネルが、OLEDディスプレイパネルに切り替えられる可能性があると、市場調査会社Omdiaが伝えました。

    2026年中にほぼ全てのモバイル製品がOLEDに移行か

    Omdiaは、Appleは2027年までに、12.9インチiPad ProやMacBook Proが採用するミニLEDバックライト搭載ディスプレイと、他のiPadシリーズ各モデルやMacBook Airが搭載する液晶ディスプレイを全て、OLEDディスプレイで置き換えると予想しています。
     
    iPad Proについては2024年にOLEDディスプレイ搭載モデルが発売されるとみられており、それにMacBook AirMacBook Proも続くと噂されています。
     
    Omediaの予想通りであれば、製品が引き続きラインナップされる場合、iPad AirやiPad mini、iPad(エントリーモデル)もいずれOLEDディスプレイを搭載することになります。
     
    ただし、OmdiaのレポートにはiPhone SEの記述はないことから、iPhone SE(第4世代)がどうなるのかは不明です。

    32インチiMacが実現する可能性あり?

    外部ディスプレイについては、2027年にQD-OLED(Samsung Display)またはWOLED(LG Display)パネルを採用する32インチおよび42インチモデルが発売されると、Omdiaは伝えています。
     
    Appleが32インチおよび42インチOLEDディスプレイを開発しているとの噂は、2022年3月に韓国メディアThe Elecが報じていました。
     
    同ディスプレイが開発された場合、32インチiMacが発売されるのではないかとみられていました。
     
     
    Source:Omdia via MacRumors, QD-OLEDとWOLEDについて/日経クロステック(xTECH)
    Photo:Appledsign/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次